お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男性の10人に1人が「月1回以上」恋人にプレゼントを贈っている!『恋愛観調査2014』より分析

「恋人へのプレゼント事情」について

リクルートマーケティングパートナーズが運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『恋愛観調査2014』に関する分析結果を公開した。

【彼氏に初めての誕生日プレゼントを贈る時、何を選べば喜んでくれるの?】

リクルート ブライダル総研調べによると、今どきのカップルはどのくらいの頻度でプレゼントを贈っているのかを、同調査にて20代~40代の結婚経験のない未婚者を対象に「恋人へのプレゼント事情」調査したところ、恋人へのプレゼントの頻度は、男女とも「4ヵ月~半年に1回」が最も多く、バレンタインデーをはじめ、誕生日やクリスマスといった特別な日にプレゼントを贈っている結果となった。特筆すべきなのは、男性の約10人に1人が「月に1回以上」プレゼントを贈っているという結果で、女性の4.5%を上回っており、男性の方が頻繁にプレゼントを贈っていることがわかった。

プレゼントを「頻繁に贈る」人と「そうでない」人で違いはあるのかを分析すると、プレゼントを頻繁に贈る人とそうでない人では、恋愛に対する姿勢に違いがあることが分かった。プレゼントを頻繁に贈る人ほど、恋愛に対して積極的であり、生活の中での優先順位が高いことがうかがえる結果がでた。プレゼントを頻繁に贈る人は「自分の気持ちや考えを素直に言う」傾向にあることから、「恋人を喜ばせたい」という相手を想う素直な気持ちを表したものだと分析した。

(エボル)

お役立ち情報[PR]