お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まるで小悪魔の仕業! 男性の告白に脈ありのサインを出しつつも断る方法4選

ファナティック

男性から告白されたとき、どう答えるのかで悩んだ経験はありませんか? 今すぐにはOKと言えないけれど……フッてしまうのはもったいない! 可能性だけは残しつつ、ちょっと「キープできたらなぁ」なんてことも、ぶっちゃけありますよね。こんなときは、どう答えるのがベストなのでしょうか。女子たちに聞いてみました。

■「考えさせて」

・「少しだけ時間もらっていいか聞く。『今、彼氏を作ろうと思っていなかったときに告白してくれたからびっくりしているだけ』と伝える」(30歳/電機/事務系専門職)

・「『まだ自分の気持ちが整理できていないから考えたい』という」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

素直な感情のまま、ストレートに伝える意見が目立ちました。小悪魔度は低めなので、悪印象も持たれにくいはず。即答できない場合には、ぜひこんな言い方を意識してみては?

■「友だちから……」

・「『取りあえずお友達から始めませんか?』と言う」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「『今は友達のままがいい。これから仲良くなろう』と伝える」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

昔から、断り文句の定番として使われてきたこちらのセリフですが、キープのために使う女性もいるようです。その後気まずい雰囲気になるのも避けられるでしょう。

■「好きだけど」

・「私もすごく好きだけど、もう何回か会ってから答えてもいい?」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「すごい気になってはいるけど、もう少し一緒に遊びに行ったりして考えたいと正直に伝える」(31歳/建設・土木/販売職・サービス系)

あまり彼を落胆させてしまうと、別の女性へ目を向けてしまう可能性も大! 「好きなんだけど……」という一言は、男性の気を引き続けるための「餌」なのですね。

■思わせぶりに

・「よくわからないんだけど、どうしよう、迷う、とかつぶやいて考え込み、時間がかかりすぎて相手が今日は帰ろうってするのを待つ。結論はいわない」(33歳/金融・証券/専門職)

・「『うーん』とちょっと口角をあげつつ、少し考えているような表情で言ってはっきり返事しないでおく」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

彼がどうとでもとれるような、含みのある態度で翻弄(ほんろう)する女性もいるようですね。「もう少し押したら、イケるのでは!?」と思う男性は多いはず。ここから、さらなる魅力を見せてくれるのかもしれませんね。

こんなセリフを使えば、男性に「また頑張れば、なんとかなるのかも……!」と希望を与えつつ、じっくり考える時間を確保できるはず! ちょっと小悪魔風なテクですが、より良い恋を手にするため、活用してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年1月27日~2月4日にWebアンケート。有効回答数192件(22歳~39歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]