お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤダ、恥ずかしい! 「この人、私のことが好き?」と女子が勘違いする言動4つ

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

何度思い返しても、「恥ずかしい!」とつい暴れたくなってしまう思い出ってありますよね。その中のひとつが「この人、私のことが好きなんじゃ……」と勘違いしちゃった思い出。そこでアラサー独女に、そんな勘違いしちゃった男性の言動とはどんなものなのか聞いてみました。

■アラサーな自分への気遣いを、勝手に勘違い!

・「『まだ独身なの? じゃあ俺、相手立候補しちゃおうかな~?』という気遣いか盛り上げるだけの言葉に、ついうれしくなってしまった」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「会話をしているときに、やたらと質問してくる事です。自分に興味があるのかと思ってしまいました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

男性の罪作りな言動がこれ! 恋愛対象外なら、変に気を遣って盛り上げてくれなくてもいいのに! とつい思ってしまいます。

■ほめられて浮かれていたら、単なる社交辞令だった

・「『いつも見ています。明るいところが好きです』と言われ、困ったと思ったら社交辞令だった」(28歳/電機/技術職)

・「『かわいいと思う』とか、けっこう褒められたのになんとも思われてなかった」(28歳/医療・福祉/専門職)

男性からほめられて、「もしかして私のこと好きなのかも!?」なんて浮かれていたら、単なる社交辞令だったということもよくあります。また、こんなケースの場合、ほかの女性とその人との結婚話が判明し、その誤解に気づかされることも。

■さりげないスキンシップに、勘違い!

・「『何かついてるよ』と髪の毛のゴミを取ってくれたとき。なんも意識していなかったら、反則だと思いました(たぶんそういう事できる人は無意識なんだと思いますが)」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スキンシップが激しい人。嫌いな人には触らないだろうから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

スキンシップがさらっと自然にできる男性は、本当に罪作り。ただでさえ人のぬくもりを欲しているのがアラサー独女。「これって反則じゃ!?」と思ってしまいますよね。スキンシップが上手な男性ほど、アラサー独女を誤解させやすい存在かも。

■連絡が頻繁に来ると、好きなのかもと思う

・「ラインがいっぱい来ると好きなんじゃ……と思う」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「メールをけっこう頻繁に送ってくれる」(29歳/通信/秘書・アシスタント職)

相手の気持ちをはかる目安として、重視されがちなのが「連絡の頻度」。ただ、「連絡の頻度」と「気持ち」は比例する派、比例しない派といろいろ意見があり、正直もやもやします。

「自分のことを好きなのかも!」って思うと気分がグンと上がるがゆえに、それが勘違いだったと知るとどん底に陥るもの。お願いだから振り回さないで! そっとしておいて! なんて思うことも多いですよね。あなたは、思わせぶりな男性に振り回されてしまった経験はありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数175件(26歳~34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]