お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ほんとにイヤイヤなの!? 「仕事のつき合いでキャバクラ」は「許せない:22.2%」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

こぶしを握り締める女性スーツのポケットから、キャバ嬢の名刺を発見! 「アナタ、これは何!」と問い詰める妻と、「仕事のつき合いだよ……」と言い訳をする夫。ドラマなどによく登場するシーンですね。これと同じことが、もし彼氏と自分の間に起こったら、働く女性たちは許すのか、許さないのか? 本音を聞いてみました。

Q.彼氏が「仕事のつき合い」でキャバクラへ行ったことがわかったら、許せますか?

A.許せる……186人(77.8%)
 許せない……53人(22.2%)

男性と同じように、社会で活躍する女性が増えた現代。「仕事のつき合い」に対して理解を示す女性は多いようです。さらに詳しく回答理由を見ていきましょう。

<仕事のつき合いなら問題ナシ!>

■まあ、しょうがないかな?

・「素直に言ってくれたら許せる。仕事のつき合いならば、しょうがないと思う」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「つき合いなら仕方ないから。つき合いがないと、出世できない」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

隠すことなく、きちんと「つき合いで、こういうお店に行く」と報告してくれるなら、もめ事にはならないかも?

■彼にとって必要なことなら……

・「何事も経験なので、彼にもいろいろな経験をしてほしい」(24歳/情報・IT/技術職)

・「社会人としてのいろいろなつき合いは、大切にした方が今後の彼のためだと思う」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「断ったせいで『あいつはつき合いが悪い』と思われるほうがいやです」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

キャバクラだって、人生経験の一つ! そう思ってくれる彼女なら、彼氏もきっと心強いはず。

■彼の立場もわかる

・「まだ上役になっているわけではないので、断りにくいことだと思うから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「断れない状況なら仕方がない」(28歳/情報・IT/技術職)

特に若いうちは、NOと言えない場面が多いものです。

■むこうも仕事でしょ

・「キャバクラも接客業だと思うから」(33歳/その他)

・「お金を払ってサービスを受けているだけだから」(33歳/その他)

非常に割り切ったご意見。たしかに、キャバクラのお姉さんたちだって仕事でやっていることです。一緒にお酒を飲んだだけでは、浮気とは言えないかも。

■ここがボーダーライン

・「キャバクラならギリギリセーフ」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

キャバクラ以上のサービスを提供するお店では、アウトということですね。

■興味津々!

・「楽しかったか聞いちゃう」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「キャバクラの女の子の生態に興味があるので、教えてほしい」(32歳/医療・福祉/専門職)

女性はなかなかキャバクラに行く機会がありませんから、実際のところどんなお店なのか、たしかに気になります。

<たとえつき合いでも、行かないでほしい……>

■それって必要なことなの?

・「『つき合いってなによ』って感じ」(32歳/建設・土木/技術職)

・「本当に仕事ができる人は、そんなの必要ないから」(25歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

女性はいくら仕事のつき合いでも、なかなかキャバクラに行くことはありません。やはり、男と女ではわかり合えない部分があるのでしょうか……。

■その代償は高くつく

・「しょうがないとわかりながら、何かプレゼントさせる」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「そんなつきあい不要。何か買ってもらう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仕事のつき合いで嫌々連れていかれた上に、彼女にプレゼントを買わされたのでは……。男性がちょっとかわいそう!?

■別れの危機!

・「心から反省するまで無視。反省しないなら別れる」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「別れます。拒否すれば行かずに済むと思うので」(28歳/学校・教育関連/専門職)

中には、絶対に許せないという女性も。男性は、前もって彼女がどんな考えの持ち主なのか、確認しておいた方がよいかもしれません。

■黙って行ってください

・「たとえ行ったとしても、隠し通すのが礼儀だと思うから。『仕事のつき合いで行っても、私にばれないようにして!』と念を押す」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

ただ、女性の勘は鋭くて、男性は隠しごとが下手なんですよね……。

「許せる」と回答した女性でも、「本音を言えば嫌だ」という人は多いことでしょう。頭では理解していても、気持ちがついていかないということはあるものです。仕事のつき合いはもちろん大切ですが、男性陣は彼女へのフォローもどうかお忘れなく。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数239件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]