お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

それ、ホントに必要!? 思わず引いてしまった女友だちのバブリーエピソード3選「ガチャガチャに諭吉」

大場杏

女性は買い物が好きですよね。自分に甘くご褒美をあげてしまうときもあります……が、友人から見るとただの散財無計画女性に見えてるかも! ただ、女性は月1のホルモンバランス変化が支出に影響を与えるというデータを見たことがあるので、人様のことばかり言っていられません。全部ホルモンのせいにしてしまいたいところですが、思わず引いてしまった友人のバブリーなエピソードを聞いてみました。

■生活大丈夫? 貯金のできない女

・「高級ブランドバッグに、給料の半額以上使っていたなど」(23歳/その他/事務系専門職)
・「海外旅行でボーナス数十万円を一気に使い切っていた。」(32歳/その他/事務系専門職)
・「給料日の1週間後に『給料全部使ったー』って騒いでたのは、さすがに引いた」(23歳/情報・IT/技術職)
・「手取りの給料が35万円くらいあるのに、何に使っているのかわからないが貯金をしていない。たいしていい物を持っているわけではないのに……」(32歳/医療・福祉/専門職)

一気に使ってしまったエピソードは意外と多いですね。でも自分のために使っているから本人は幸せなはず!? ただ、はたから見れば無駄遣い極まりないので、お付き合いを躊躇される可能性大です! 「そんなに使って、大丈夫?」と心配されはじめたら、お金の使い方を見直す必要がありそうです。

■男なら絶対彼女にしたくない! ただの無駄遣い

・「セールが開催されるたびに買ってる。値段はあえて聞かないけど、10万くらいはいってそう」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「ガチャガチャに諭吉をつぎこんでいた。」(31歳/その他/事務系専門職)
・「ホストにはまって、毎週末、他県まで高速バスでホストに行って、ボトルをおろしていた。」(28歳/金融・証券/営業職)

趣味に費やす方、多いみたいです。好きなアーティストの全国ツアー全部回ってる方は、ちょっと尊敬してしまいました。きっと、アーティスト冥利に尽きることでしょう。

■同じレベルを強要しないで! セレブな友人

・「イギリスに旅行に行き、何万円ものブランド品を買っていた。銀行に勤めている子で、実家もかなり裕福なのでできるんだろうな、と感心してしまった。」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「服を百貨店でしか買ったことがないと聞いて、驚いた。」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「ディズニーランドに行ったとき、コース料理を食べたがったり、オフィシャルホテルに泊まりたがったり、『私、贅沢な楽しみ方を覚えたから~』と言う友人が。私以外の友人と泊まりがけで行ったときは、10万以上は使ってるんじゃないでしょうか? 同じ金銭感覚の友人と行けばいいのに、強要されるこちらは迷惑です。」(26歳/医療・福祉/その他)

元々お金持ちなら、それが当たり前なのでなんとも言えませんが、友人同士の旅行は金銭以外も揉めてしまいますよね。どんなに仲良しな友人でも、10日以内が円満に旅行をするポイントだと思っています。

堅実な女性が多い現代では、そこまでバブリーなエビソードは少なかったですね。ただ、意外とお金の使い方をマウンティングされているので、戦利品披露は控えたほうがいいのかも。それでも……うわさに聞く、狂ったようなバブルの感覚を、一度味わってみたいのは私だけでしょうか!

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数221件(22歳~34歳の社会人女性)。

お役立ち情報[PR]