お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男を見る目がないなぁ……。女友だちの残念彼氏の特徴4選「挨拶ができない」「ものすごい束縛癖」

ファナティック

彼ができて有頂天になっている友だちには口が裂けても言えない「男を見る目がないなぁ」というホンネ。今回は、友だちの彼を見たときに「どうしてこんな人と付き合っているの?」と言いたくなったことがあるかどうか、女性たちに聞いてみましょう。

Q.友だちの彼を見て、「男を見る目がないなぁ」と思ったことはありますか?

「ある」23.7%
「ない」76.3%

友だちの彼に対して、あまりいい印象を持たなかったという経験のある女性は約2割。大切な女友だちだからこそ、「早く目を覚まして!」と言いたくなります。では、具体的にはどんな点で「男を見る目がないな」と感じたのでしょうか。

■金銭的にルーズ

・「30歳になってもフリーターで、タバコやギャンブルをしている人で、ないなーと思った」(26歳/アパレル・繊維/専門職)
・「ふたを開ければ借金まみれだった人」(27歳/ソフトウェア/専門職)
・「たかりだったことです。食事代も交通費もすべて女性が支払っていたので、男性を見る目がないなと思いました」(31歳/ソフトウェア/専門職)

借金を抱えていたりギャンブルが好きな男性とは、付き合っていても苦労しそう。他人でも、その辛さは簡単に想像できるのに、付き合っている本人は気づかないのか、そこも含めて好きなのか、「しょうがない……」と許してしまっているのかなぞです。どちらにしても将来を語り合う相手にはふさわしくなさそうです。

■一般常識が身についていない

・「人の家に行くのに手みやげなし・差し入れなし・買い出しもせず、夏でもないのに裸足で靴もそろえず、挨拶もできない人を連れてきたときには、『ないわぁ』と思った」(28歳/その他/その他)
・「挨拶がきちんとできないこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

10代の学生ならまだしも、社会人として最低限の一般常識が身についていないというのは、ちょっと残念な男性。そんな人物が自分の家族・友人などのまわりにいると思うと、ぞっとしてしまいます……。

■束縛が激しい

・「ものすごい束縛癖で、私と出掛けているときに偶然を装って同じ場所にいた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「友人が束縛する男性と付き合っていて、1日の行動を細かく聞かれていて『ないな』と思った」(30歳/医療・福祉/専門職)

彼女のことが好きなのはわかるけど、行動をすべて監視するような束縛の激しい男性は、ただの粘着気質。付き合っていてもストレスがたまりそうだし、別れたあとも色々とモメそうです。

■女癖が悪い

・「彼女の友だちにまで手を出そうとしていたこと」(25歳/食品・飲料/技術職)
・「女遊びが好きそうな人と結婚した友だちは、なんでその人と結婚したのか理解できなかった」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼女の友だちにまで手を出すというのは相当な女癖の悪さ! 「浮気は男の甲斐性」なんて思っている男性は、彼氏としてはアウトですね。

人の彼氏に対して文句をつけるのは失礼なことだとわかっていても、「その人はないな」と思ってしまうような男性と付き合っている女友だちを放っておくのも、友人としては心が痛いもの。友だちが大事なら、ひとこと言ってあげるのも優しさかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数236件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]