お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

毎日のリラックスタイム。美容に効果的な入浴の仕方

山下真理子/CaSy

こんにちは。女医の山下真理子です。皆さんは毎日、ゆっくりと入浴することができていますか? 忙しい日が続くと、お湯を溜めるもの面倒になり、シャワーだけで済ましてしまうという人が多いかもしれません。しかし最近は気温もグっとさがってきましたので、お風呂で体を温めながらリラックスタイムを楽しみたいですよね。

医師がこっそり教える! ワキガを病院へ行かずに治療する方法

実は体温を上昇させる習慣は、お肌や健康にも大変効果的なのです。そこで今回は美容に効果的な入浴の仕方についてお話します。

■お風呂の温度は40度以下が最適

 お風呂は眠る前に入るという方は多いと思います。特に冬などは熱いお湯に入りたいと思うかもしれませんが、熱すぎるお湯に入ると自律神経系の一部のバランスが乱れ、入浴後に快眠できない状態を招きます。睡眠不足は美容に大敵なので、お湯の温度は40度以下を心がけましょう。

 また、お湯が熱すぎると心臓への負担だけでなく、お肌にもダメージを与えます。代謝をよくしたいからといって熱湯に入るのはNG。特に熱いお湯でそのまま洗顔をした場合は、肌を守る皮脂や水分などの潤い成分までもを洗い流してしまい、肌がカサついてしまうので気をつけてください。

 ぬるめのお湯でも汗はかきますので、体内に溜まった老廃物を排出して体質を改善していきましょう


■入浴中のマッサージ

 入浴中は体温が上がり血流がよくなっているため、マッサージをオススメします。血行が良くなれば、肩こり、冷え、腰痛などを改善します。他にもむくみなどが気になる場所を血流やリンパの流れに沿って揉みほぐしましょう。冷えた状態よりも温まった体のほうが血行が良いため効果的なのです。

 とはいえ入浴はせっかくのリラックスタイム。やりすぎると体が疲れてしまうので、マッサージは、ほどほどにしましょう。

■体が温かいうちに肌ケアを

 入浴後は肌が一気に乾燥し始めますので、水分を拭き取った後はできるだけ早く保湿ケアを心がけましょう。ですが水分を拭き取る際にタオルなどで擦ったりすると肌を傷つけてしまいます。多少の水分は、一時的な保湿の役割もしてくれますので入念に拭き取る必要はありません。

 また入浴後は顔の毛穴も開きますので、美容液やクリームの吸収率が高まります。ですので体が温かいうちに肌ケアを行うとより効果的なのです。

 いかがでしたか? 以上のような美容法以外にも入浴の際は、入浴剤やアロマなどでお風呂の時間を楽しみながら、心も身体も綺麗になりましょう!


(山下真理子/家事代行CaSy)

お役立ち情報[PR]