お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

言えなくてモヤっとするー! 完璧な人はいないけど……彼のここがガッカリ

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

どんなに大好きな彼でも、ガッカリしちゃうクセや性格がひとつやふたつはありますよね。これがなければ、かなりポイントアップするのにな~と思わずにはいられません。言って直るなら苦労しないけど、直るどころか直接言うのをためらうようなことも……。今回は彼のガッカリ、残念なところを働く女性たちにこっそり聞いてみました!

モヤモヤするー! 自分を振った男のありえない行動

■食事のマナーにガッカリ

・「食べこぼしが多い」(26歳/学校・教育関連/専門職)
・「クチャラー」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「食事中、テーブルにひじをつきながらたべる」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「お箸の持ち方が変」(32歳/建設・土木/技術職)

食事のマナーは育った環境が関係してくるので、一朝一夕には直りません。気になりだすと、そればかりに目が行ってしまいますね。

■食べ物の好みでひと苦労

・「偏食なのは苦労する」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「食べ物の好みが真逆だった」(25歳/金融・証券/専門職)
・「野菜が食べられない」(24歳/建設・土木/技術職)
・「あまりお肉を食べたがらないので、焼肉などに行けなくて残念」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

好き嫌いは誰にでもあるけれど、好みが自分と合わないと手料理もレストラン選びも悩みそう。でも、好物がちがうと取り合いにならなくていいかも!?

■一緒に生活するには難アリ

・「便座を上げっぱなし」(33歳/その他)
・「いびきが大きすぎて安心して眠れなかった」(26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「タバコをやめるって言い続けて2年たつけど一向に減りもしない」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

同棲や、いずれ結婚して一緒に暮らすことを考えると、やめてもらいたいことはあるはず。彼に意識革命が起こらない限り、直すのは厳しいかも。

■この性格が許せない

・「金遣いがあらく借金を作る」(32歳/生保・損保/営業職)
・「けちで小銭も使いたがらない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「ママにべったりすぎること」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「一緒に出掛けてくれない」(33歳/金融・証券/専門職)
・「とにかく、デリカシーがなかった。正直に何でも言えば許される訳ではない」(31歳/学校・教育関連/技術職)

金銭感覚のちがいはケンカのもと。ガッカリすぎる性格は別れのもと。じっくりと時間をかけて、2人の落としどころを見つけてくださいね。

■このクセが許せない

・「どこでもおならをする」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「道端でタンを吐く」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「鼻をほじる」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

ついやってしまう残念なクセ。本人は無意識なので気にしていないだけに、「それやめて」って言っていいものか悩みますよね。他人に不快感を与えるクセは、ぜひ言ってほしいですけど。

いろいろなガッカリが挙がった中、「付き合いが長すぎて大体の行動は予想できるので、がっかりすることもなくなりました」という声も。長く連れ添った夫婦でさえ、ガッカリすることの連続なのに、達観した素晴らしい彼女もいるものですね。みなさんの彼はどのタイプのガッカリさんでしたか?

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数219件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]