お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム男女の本音 デート・カップル

「だめんずループ」から抜け出せないあなたへ

あたそ

“モテない女子代表”・あたそさんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。モテる女子からの高度な恋愛テク・アドバイスはちょっと……という女子にもきっと刺さる、「下から目線のアドバイス」で恋のモヤモヤもスッキリ! 音楽好きな“あたそ”さんイチオシの「恋にまつわる曲」もご紹介します♪

こんにちは、ブスで音楽が好きな「あたそ」です。モテません。このコラムでは、“恋愛が下手な女代表”として、私がビシバシと恋愛相談に答えていきます。「男の隣を歩いているところが想像できない……」と友人に言われるほどにモテない私が、自分のことに目を瞑り、限られた数少ない恋愛経験の中で他人様の恋愛に口出しをしていくなんて、おかしな話ですよね……。死にたい。でも、従来の恋愛上級者の方々の回答とは異なり、簡単に恋ができていないからこそわかることもきっとあるはず……! では、さっそく今回のお悩みをご紹介。回答の最後には、お悩みにピッタリな曲も一緒にご紹介していきますよ。

■今回のお悩み

生粋のだめんずうぉーかーで、今気になっている人は10歳年上で無職。やめたほうがいいとわかっていても、片思い継続中……。どうしたら普通の人を好きになれるのでしょうか。(しい/27歳/ソフトウェア)

私の周囲でも、自立した生活ができないダメ男、いわゆる“だめんず”の魅力に呪いのように取り憑かれ、みるみるうちにハマってしまう女性が増えているように感じます。まるで捨てられた子犬のように、私たちの持て余した母性を刺激し、虜にしてしまう……。恐ろしい。

彼女たちは、「自分が今助けてあげなければ、この人はもっとダメになってしまうのでは?」とつい手を差し伸べてしまい、「欠点も含めて受け入れるのも、ひとつの恋愛の形」「ほかのだめんずと彼はちがう。だめんずに引っかかる女と私もちがう」などと、自分に都合のいい空想を炸裂させてしまうんです。でも、その考えが実はかなり危険。

そもそも、なぜだめんずに惹かれるのでしょうか? だめんずたちは、もともと女性の扱いに長けていたり、話が上手だったり……など、女性に好かれる能力が備わっているのだと思います。しかし、彼らは「女たらし」以前に「人たらし」的な部分があり、自分の周囲には常に男女問わず誰かがいて、そういった人の縁が絶えないということを心のどこかでわかっている気がします。だめんずは、身近なアイドルそのものなんです。

ダメな男も男なのですが、それに引っかかる女も女。

私のまわりの「だめんず好き」の傾向としては、「彼の生活を見てあげる」「お金を出してあげる」といった、ある種の「母親的役割」のみが己のセールスポイントになっている人が多いです。見返りを求めずに尽くすことが最大の愛情表現であると勘違いしてしまっているパターンです。というか、そういうタイプは普段恋愛に執着しないぶん、いざ誰かを好きになると余りに余った母性とか愛情が一気に大爆発を起こし、勝手に妄想が大暴走しているだけなのに、必要とされていること=恋だと思い込み、後々空回りしてしまうんだよな……。尽くすなら、それなりに相手からのレスポンスがこないとダメ。だめんずに引っかかりがちな人は、まず自分が「尽くす」=「愛情表現」という思考回路になっていないか、胸に手を当て、よく考えてみましょう。

>次ページ:「だめんず好き」が「普通の人」を好きになる心得

お役立ち情報[PR]