お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれるメーク

男の本音! 男ウケを狙っているのに、正直かわいいと思えないメーク4選

彼氏に喜んでほしくて、デートのときにはいつもより気合いの入るメーク。そんな女子の努力の結晶でもあるメークも、男性からは「イマイチ……」と思われていることがあるようです。女子はがんばっていても正直かわいくないと思うメークについて、社会人男性に聞いてみました。

Q.あなたは、女子のメークに対して、男ウケがいいと思ってがんばっているだろうけど、正直、男としてはかわいいと思えなかった経験はありますか?

「ある」25.0%
「ない」75.0%

実際にかわいいと思えなかった経験のある男性が25%、4人に1人いました。実際になぜそう思ったのか聞いてみました!

■アイメイクに気合い入れすぎ

・「アイラインが濃すぎる。気持ち悪く見える」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「アイメイクバッチリな子」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「濃すぎるアイメイクを見たときはパンダのようにしか見えなかった」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

目を大きく、ぱっちり見せるためのアイライン。輪郭をはっきりさせるため、ついつい極太の線を引いてしまいがちですが、やりすぎるとパンダのように見えてしまい不評です。

■つけまつ毛を使いすぎ!

・「つけまつ毛の使用。目をでかく見せたいのかなのかわからないが、つけすぎてこられても眼球への負担が怖くて見てられない」(31歳/商社・卸/営業職)

・「長すぎるつけまつ毛。妖怪にしか見えない」(35歳/機械・精密機器/営業職)

まつ毛はボリュームも長さもあると、目力アップが叶いますよね。とはいっても、二重三重につけられたバサバサのまつ毛には、人間に見えないとドン引きされがち。つけまつ毛を使うなら、あくまでもナチュラルさを残して使用したいものです。

■チークが濃い

・「チークが濃いのがかわいいと思っているのはよくわからない」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

チークかわいらしさを演出しようと、つい気合いが入ってしまうのはわかりますが、濃すぎると人が寄りつかなくなってしまうことも。ほどほどにすることが大事です。

■眉毛が太い

・「眉毛を太くする人がいますが、そこに惹かれることはありません。むしろ適度に細いほうがいいです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

モデルや芸能人もやっていてブームにもなった太眉。実は男性からすると「かわいくない」とのこと。清潔に整えられた、太すぎず細すぎない眉が一番なのかもしれませんね。

「モテ女子」になるため気合いが入りまくったメークは、男性から「やりすぎ」の声が……。むしろ、薄化粧のほうが好印象になることも。くれぐれも気合いの入れすぎには注意して、ナチュラルな好印象メークを心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]