お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

今日はひとりで居たくないの! 寂しいときにかまってもらえるテクニック3選

疲れたときや、ぽっかり時間があいたとき、無性に寂しくなることってありませんか? 「誰でもいいから、私にかまって!」と叫びたいような気分のとき、“かまってちゃん”はどんな方法で人にかまってもらおうとするか教えてもらいました。

■とにかくかまってアピール

・「誘ってほしいオーラを出すとお誘いが多くなる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「誰かにおいしいものの話を聞いて、『いいなぁ! 行ってみたい』とまわりにアピール」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「おいしいスイーツの話題を振るなど」(23歳/その他/事務系専門職)

・「寂しい顔をする」(29歳/金融・証券/専門職)

「なりふりかまってなんかいられない! とにかく私は寂しいの!」という人は、激しく「かまってアピール」をするようですね。あからさまだからこそ、まわりも「はいはい」と心情を察して、付き合ってくれるのかもしれません。

■TwitterやLINEで「誰か遊ぼう!」と呼びかける

・「Twitterで「暇な人!」と呼びかけるとたくさん集まります」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「Twitterでおいしいもの食べたいって言ったら大体誰かが乗ってくれます」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「LINEでチラ見するスタンプを使う」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

各種SNSにアカウントを持っている人は、お誘いが来そうな投稿をしてみたり、人を募ったりするのも、いい作戦ですね。

■自分が中心になって飲み会!

・「みんなで女子会しようと呼びかける」(28歳/電機/技術職)

・「友だちにメールを送りまくって飲みに誘う。誰かしら付き合ってくれる」(31歳/不動産/専門職)

「誰かの誘いを待つのも嫌!」という状況の場合は、思い切って、自分主催の飲み会や女子会をひらくのが手っ取り早い方法なのかも。ちょっとめんどうではあるけれど、率先して幹事をやり、自分の好きなお店に行って好きなものを食べに行っちゃいましょう。

どうしても誰かにかまってほしくて仕方がない! そんなときには、“かまってちゃんテク”を使って、寂しさを吹き飛ばしてしまってはいかがでしょうか? でも、やりすぎて「ウザイ」と思われないように気をつけましょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数 女性145件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]