お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

みんなにはナイショ! 実は裏でがんばっている女磨き⇒「3位:基礎化粧・メイク」「2位:脱毛」1位は?

蒼井ニイナ

いくつになっても、「ずっと若くてキレイね」とほめられたい女性は多いはず。でも、何もしていないと思ったら大まちがい! 実は、女性は陰ながら毎日、さまざまな努力をしているのです。そこで今回は、誰にも言わずにこっそりがんばっている女磨きについて聞いてみました。

Q.友人や家族にも誰にも言わずに、こっそりと気をつけている・がんばっている美容方法を教えてください。

1位:ダイエット(27.2%)
2位:脱毛(16.3%)
3位:基礎化粧・メイク(14.2%)
4位:食事(9.8%)
5位:習い事・スキルアップ(9.3%)
6位:ファッション(4.9%)
※その他は除く

■1位:ダイエット

・「ちょっとだけ炭水化物を減らす。炭水化物を食べないのはよくないらしいので」(29歳/その他/その他)
・「週3のジム通い。体力をつけるのと痩せるため」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「座っているときお腹をへこませる。痩せたいから」(28歳/建築・土木/事務系専門職)

30歳を過ぎると代謝が下がって太りやすくなるので、若いころと同じ食生活を送っていると、あっという間にお腹はぽっこり、二の腕はたるんで、自分では見えない背中にも贅肉が……。ずっとスリムで美しいプロポーションを維持している女性は、ジムに通って汗を流したり、ヨガやランニングをしたり、最新のダイエット法を実践してみたりと、日々の努力に余念がないのです。

■2位:脱毛

・「目指せ全身脱毛。小さいころから毛深くてすごくコンプレックスだったので」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「処理も大変だし、キレイに見えないし、肌に触れても気持ちがよくないので、サロンで全身脱毛しています」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「お金をかけられないから、毛抜きで1本1本抜いている」(28歳/主婦)
・「脱毛。今まで50万はつぎ込んでいる」(33歳/その他/その他)

ムダ毛の処理は女性の身だしなみ。脇の下や腕、足などを毎日お風呂でお手入れしているのは暗黙の了解ですが、中にはエステで全身脱毛に、トータル数10万円かけたという人もいます! ツルツル、すべすべのお肌は、努力の証しです。

■3位:基礎化粧・メイク

・「毎日パックしたり、スキンケアにお金をかけたりしています」(30歳/建築・土木/事務系専門職)
・「肌がキレイだと自信が持てるので、毎日パックや美顔器でていねいケアしている」(31歳/不動産/事務系専門職)
・「ほうれい線が出ないように、毎日リンパマッサージを怠らないようにする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「保湿をがんばること。週一でパックをしています」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

お肌の曲がり角は突然やってきます。いつものファンデーションだと肌がくすんで見えるようになったり、同じお手入れをしているのに、なぜか肌が乾燥するようになったり。そして気づけば目の下に小さなシミや小ジワが! 毎日保湿ケアを十分にして乾燥対策をしたり、肌への負担が少ない高級な化粧品をそろえたりと、若さを保つための肌への自己投資は、ある程度の出費は覚悟しないといけませんね。

■4位:食事

・「食事量を腹八分にしています。長寿でいたいから」(29歳/その他/その他)
・「フルーツをほぼ毎日とる。体によさそうだから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「夜に炭水化物をとらない」(28歳/飲食/販売職・サービス系)
・「食事のバランスに気をつける」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「冷凍食品やインスタント食品はストックせず、毎日自炊している。節約と健康管理を兼ねています」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

キレイな女性は口にする物にとても気を使っています。暴飲暴食をすることなく、体に必要な物を必要な分だけとり、脂っこい物や添加物がたくさん含まれている食べ物は避けるなど食事管理を徹底。でも、決して無理しているのではなく、体にいい物を積極的に取り入れることに喜びを感じている人が多いのです。

美しさは1日ではならず。女性たちの意見を見ていると、日々の積み重ねが大事なのだということがよくわかりますね。ほかの女性たちと差をつけたいあなたも、今日から女磨きをはじめてみませんか?

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数246件(22歳~34歳の女性)。

お役立ち情報[PR]