お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

普段から意識するのは常識!今どき女子の節約事情☆

2014年に税率が5%から8%に上がったことをきっかけに、本格的に節約を心がけ始めた人も多いのではないのでしょうか。

【年間で数万円の節約に!見落としがちな「お風呂の節約テクニック」3つ】

節約の仕方も節約する目的も人それぞれ。今回は、女性364人に切実なる今どき節約術を調査してきました。

Q.あなたは普段節約を心がけていますか?

はい ……217人 59.6%
いいえ……147人 40.4%

節約を意識している女性が若干多い結果となりました。
では、そうさせる理由は何なのでしょうか。

●将来のために貯金
「結婚資金や今後のため」(兵庫県/26歳)
「老後が心配。我慢できないものが多いので我慢できるものは我慢しておく」(千葉県/41歳)

20~30代は結婚ラッシュ、60歳以上は葬式ラッシュ、などと言われますが、社会に出ると何かとお金がかかります(汗)。
自分の収入より出費のほうが多くなることもしばしば……。

●給料が……
「給料が上がらないのに生活費と税金が上がっているから」(神奈川県/28歳)
「手取り収入が増えないので」(岡山県/30歳)

まだまだ一般人には実感できない景気回復。
給料UPしてくれないから、節約術が身についてしまいました。

●欲しい物をGetするため!
「節約した分、自分にご褒美できるから」(東京都/38歳)
「いつかはマイホームの夢があるから」(群馬県/30歳)

目標さえあれば、怖いものなし!
我慢した分、手に入れたときの喜びは最高ですよ♪

では、世の女性が具体的にどのように節約をしているのかをご紹介します。

●節約と聞いて1番に思い浮かぶのは……自炊
「一人の時になるべく外食しない。ファストフードで済ませない。面倒だからと食事の支度に対して手を抜かない」(東京都/58歳)
「コンビニでペットボトルのお茶を買うなど言語道断。自分の家で作れる程度の飲み物にはお金は出さない」(愛知県/41歳)

今回、お弁当と飲み物を自宅で用意してくるという意見が多く見られました。
まさにちりも積もれば……の考え方です。

●ecoの意識で一石二鳥!
「歩ける距離なら電車やバスを使わずに歩く」(神奈川県/25歳)
「衣類はリサイクルショップで買う。要らなくなったものは売る」(北海道/38歳)

節約と兼ねて運動に励んだり、お金に還元したりなど、一役で二役以上を期待する人もちらほら。
ecoの意識は世界を救う!?

●お金を持ち歩かない
「買い物はよく考えてから買うようにしている。今持っているものでどうにかならないか考える」(埼玉県/30歳)
「コンビニでお菓子やジュースをついつい買ってしまうので、財布を持ち歩かない」(奈良県/32歳)
「お昼は300円居ないでと決めています」(埼玉県/26歳)

持ち歩く金額を決めていたり、財布を持ち歩かなかったりするのは衝動買いの防止になります。

ファション系小物などを、自分で作るのは女子力UPにもつながりますね♪

いかがでしたか?

遊んでいるように見える人も、実はコツコツ貯金しているかも。
ランチにお弁当を持参したり、予め財布の中身を減らしたり……。
今後も税金が上がる確立が高いので、参考にしてみてくださいね。

マイナビウーマン調べ
アンケート実施期間:2014/12/08~12/16
有効回答数:364件(ウェブログイン式)
執筆:ナイスク

お役立ち情報[PR]