お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

いくら仲がよくても……。父親と「恋バナ」をする女性はたったの2.9%!「彼氏の身辺調査をしそう」

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

家族とは、何でも話し合える関係でいたいもの。でも、恋愛にまつわる話となると、なかなか言いづらいものです。あなたは、自分の父親と「恋バナ」をすることはありますか? 働く女性にアンケート調査をしてみました。

Q.あなたは、自分の父親と「恋バナ」をすることはありますか?
いいえ……97.1%
はい……2.9%

ほとんどの女性が、父親と恋バナはしない! と回答する結果となりました。それぞれの意見を見てみましょう。

<「恋バナはしない」派の意見>

■恥ずかしい!
・「恥ずかしくて無理」(28歳/金融・証券/事務系専門職)
・「近況報告をすることはあっても、恋バナとなると恥ずかしくて無理」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「恥ずかしい」という意見が多数! 母親には話せたとしても、異性である父親に自分の恋愛模様を伝えにくいようですね。

■「恋バナ」ができるような父親じゃない
・「昭和のカタブツ。恋愛話をするような人じゃない」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「父親が彼氏の身辺調査を本気でやりそうだから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

恋バナをしても、アドバイスが参考にならないような父親だと、話したくなくなるのはある意味当然かもしれません。恋人の話をすることで、彼のことを寝掘り葉掘り調査されそうで嫌! という人もいました。

<「恋バナをする」派の意見>

■男性意見がもらえる
・「男性の考え方に興味があるから。世代がちがうことを実感しておもしろいから」(22歳/情報・IT/技術職)
・「彼氏のグチをよく話す。男性視点でアドバイスをくれるので助かる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

父親は、もっとも身近な男性ですよね。人生の先輩としても、的確なアドバイスをくれるかも。

たとえ家族でも、「恋バナ」となると内緒にしておきたいことも多いようです。あなたは、父親と「恋バナ」をすることについてどう思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数207件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]