お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対に浮気させない! 遠距離恋愛中も彼の心を離さないテク5選

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

いつでも会えるのが理想だけれど、悲しいかな、彼との関係は何百キロと離れた遠距離恋愛というパターン。頻繁に会えない分、ほかの女性に心を奪われたりしないか心配になりますね。そこで今回は、遠恋中の彼にずっと自分だけを見ていてもらうノウハウを働く女性にアンケートしました。

■愛情表現にひと工夫

・「会ったときは全力で愛し、会わないときは素っ気なく。いつもべったりだと彼が飽きてしまう可能性があるため。素っ気ないときがあった方が『浮気をしているのでは……』と逆に相手が不安になり、追いかけてくるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「いつも彼を驚かせる。離れていてもできること」(33歳/通信/事務系専門職)

・「写真をたくさん送る」(26歳/情報・IT/営業職)

・「毎日連絡をする。会ったときに思いっきり甘える」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

会える回数が少ないからこそ、一緒にいるときは全身で喜びを表現する。彼に会うときのために普段から愛情エネルギーを充電しておきたいですね。

■電話やメールでのやりとりは大事

・「毎日の電話を欠かさずして心の距離を縮めておく」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「しつこくなりすぎないように相手をいたわるようなメールを送る」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「メールだけじゃなく、手紙もこまめに出す」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

連絡に関しては、「マメに連絡する」と「連絡しすぎない」の両方の意見が出ていました。特に電話をかけるときは、時間などのタイミングにも気を配りたいですね。

■素直な気持ちが一番

・「こまめな連絡と不満は伝える」(26歳/学校・教育関連/技術職)

・「素直に思っていることを伝える一方で、わがままは言わない」(25歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「疑わずにお互い信頼する」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

会えないことが不満や不安な気持ちにつながったときは、ガマンせず彼に正直に話してしまうほうがラクだと思います。いきなり爆発するよりもずっといいはず。

■中身のあるオンナでいる

・「なるべく彼の興味がいく話題を話す」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「離れているときに自分の時間を充実させる」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

毎週のようにデートできるわけじゃない分、自分を磨くための時間はたっぷりあります。魅力を倍増させて彼を感動させましょう。

■小道具が大活躍

・「払い戻しが効かないタイプの新幹線の回数券をプレゼントする」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「スカイプで顔を見ながら通話」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

さすがに回数券をもらったら、マメに彼女に会いに行こうと思いそうです。

実は12月21日は「遠距離恋愛」の日だそう。クリスマスイブに手が届きそうな直前の一日、今年は偶然にも日曜日です。距離が遠いうえ、仕事などの用事でイブに会えない2人なら、この日にデートをして愛を確かめ合うのもよさそうですね。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数246件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

普段、足を運ぶのは店や文化施設などひたすら「屋根のある場所」! 年々戸外の空気から遠ざかり、濃密な屋内時間を過ごしているモノ書き女。

この著者の記事一覧 

SHARE