お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

忘年会シーズン到来! ダイエッターが選ぶべきおつまみとは?「たこわさ」「塩キャベツ」「焼き鳥」

お酒を飲むと、つい食欲が刺激されますよね。飲み会の次の日は、体重計に乗るのが怖いっ!楽しいから飲み会には参加したいっ!でも体重が心配……。ああ揺れる乙女心。そこで、ダイエッターが選ぶべき「酒のおつまみ」を、働く女性に教えてもらいました。

おつまみの定番が◎

・「枝豆、小さい口で食べやすい」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「枝豆。ヘルシーだし、サヤから出すのに程よく時間がかかってよい」(28歳/金融・証券/営業職)

ひと手間かかるぶん、食べるスピードが抑えられてちょうどいいという利点も。

ダイエットと言えば低カロリーのコレ!

・「おでんのしらたき。低カロリー、おでんの汁を吸っておりおいしい」(23歳/その他/事務系専門職)
・「こんにゃく。カロリーを気にしないから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「ところてん、カロリーがないから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

低カロリーの上にお通じをよくしてくれるこんにゃくなら、安心して食べられますね。

お肉の代わりにヘルシーに

・「豆腐などヘルシーでお腹にたまるもの」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

冷ややっこだけでなく、麻婆豆腐や肉豆腐など、バリエーションも楽しめます。

低カロリーで食物繊維も豊富

・「キノコのソテー。カロリーが低いので」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

しいたけ、まいたけ、しめじなどは、一年中安価で手に入るので、家飲みにもオススメですね。

このヌルヌルがいいんです

・「もずく」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

もずくには、美肌成分が含まれているとか。ダイエットと美肌のW効果が期待できる、女性の味方です。

温野菜をおしゃれに

・「バーニャカウダ。ディップを少なめにするとさらにヘルシー」(31歳/情報・IT/技術職)

ワインのつまみに最高! 野菜はゆでるよりも蒸すほうが、栄養価が高いそうです。

たくさん食べても大丈夫!?

・「塩ダレキャベツをひたすら食べ続ける」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「塩キャベツ。モリモリ食べられるがカロリーは低いから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

キャベツには、なんと豊胸効果も期待できるとか!? これは食べるっきゃない!

お肉も大事な栄養源

・「焼き鳥。食べごたえがあるし、カロリーも低い」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

鶏肉は高タンパク低カロリー。立派なダイエット食です。

みずみずしくておいしいよ!

・「きゅうり。水分ばかりだからカロリーが低い」(31歳/その他/事務系専門職)

ピリ辛きゅうりは、どのお酒にも合いますよね! カロリー関係なく選びたい一品です。

冷え性にもオススメ

・「しょうがの漬物など」(33歳/その他)

ダイエットにも効果があるし、身体が温まります。これからの季節、冷え性の方にもオススメ。

よく噛んで食べましょう

・「たこわさ…噛みごたえがあり、ずっと食べていられる。一切れが小さいので、箸の回数も稼げてローカロリーなため」(27歳/公務員・団体職員/専門職)
・「するめ。太りにくいらしい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、過剰な摂取を抑えられそう。

お菓子が食べたいなら

・「おからドーナツ。食物繊維を大量に含んでいるから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「ごぼうチップ。食物繊維だし、お酒にも良く合うのでみんな喜ぶ」(25歳/電機/事務系専門職)

スイーツをおつまみにしたいときもありますよね。ヘルシーなものなら、罪悪感もなく食べられる!

まとめ

糖質(炭水化物)を取りすぎてしまうことが、太る原因になるそう。偏りすぎずに満遍なく栄養がとれるように、メニュー選びを工夫するのも大事なのでしょうね。クリスマス、忘年会、新年会と、飲み会の多くなってくる時期だからこそ、おつまみ選びにも気を使いたいところです。

(OFFICE-SANGA 相羽亜季実)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数281件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]