お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 自分みがき

男性が「これはないな」と思った手作りお菓子とは?⇒「味のないケーキ」「着色しすぎのマカロン」

手作りのものをプレゼントしてくれるのは、もらう側からすればうれしいですよね。でも、男性が思わず苦笑いをしてしまうような手作りお菓子をあげてしまった女性もいるみたい。そこで、「これはないわ~」と思ってしまった女性の手作りお菓子にまつわるエピソードを、社会人男性に聞いてみました。

■食べるのにもひと苦労
・「クッキーをもらったが、固くて歯が痛かった」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「せっかくだから食べて」と差し入れられたお菓子は、失敗作を食べさせられることも。歯が痛くなるほどの固さというのは、すごいですね……。

■なんだか味が変
・「変わった味のするものを作ってきて、よく実験台にされた」(38歳/情報・IT/技術職)
・「かつて友人から洋菓子(マドレーヌのようなもの)をもらったことがあります。おそらく、単なる分量ちがいだと思うが、まさかの『酸っぱい』味だった」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「味のないケーキ」(27歳/電力・ガス・石油/技術職)

食べてビックリしてしまうような味に仕上がっているお菓子も、「ないわ~」と思ってしまうのが男性の本音のようです。「甘い」イメージが定着しているお菓子だからこそ、味が想像とちがうとガッカリしてしまうのかも。

■見た目が独創的すぎ
・「着色しすぎて、気持ち悪い感じのマカロンを女友だちからもらった」(25歳/農林・水産/技術職)
・「ブルーベリーチーズケーキの色がグロかった」(34歳/通信/事務系専門職)

手作りお菓子は、見た目もやっぱり重要。パッと見たときに「おいしくなさそうだな」と思われないよう気をつけましょう。

■露骨な愛情表現をされるのはナシ
・「ハートとか、愛情を過度に表現するようなものにするのはナシ」(31歳/小売店/事務系専門職)

彼にあげる手作りお菓子はハート型にしたい! という人もいるはず。でも、男性の中には、「愛が重い」「恥ずかしい」と思ってしまう可能性があるみたいなので、気をつけて。

みなさん、さまざまな「手作りお菓子」に遭遇しているようですね。相手から「これはちょっと……」と思われないためにも、「手作りお菓子」をプレゼントするときには、今回の意見に当てはまらないかどうかチェックしたほうがよさそうです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数155件。22歳~39歳の社会人男性)