お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

あなたはどの本がいい? アラサー独女が、秋の夜長に読んでみたい本はコレ!

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

なんとなくゆったりとした気分で過ごせそうな秋の夜長。こういうときは、テレビを見るよりも自分のペースでできる読書がオススメ。今回は、アラサー独女たちが秋の夜長に読んでみたいと思っている本について、アンケートをとってみました。

■東野圭吾

・「東野圭吾『マスカレード・ホテル』。最近気になってる本なので」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ミステリとしてのおもしろさだけでなく、登場人物も魅力的な東野圭吾の作品をじっくり読んでみたいという女性も。ドラマや映画にもなったガリレオシリーズ、加賀恭一郎シリーズは、ストーリーが独立しているのでどの本から読みはじめても楽しめるのがいいですよね。読みやすい文体なので長編でもサラッと読めてしまいそうです。

■ハリー・ポッター

・「ハリー・ポッター。ハラハラドキドキするし、ハロウィンあたりの時期のものだから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ハリー・ポッター。あんなに有名なのに、いまだに全巻読んだことがないので」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

かなりの長編なので話題になっている割には読み切れていない人も少なくないハリー・ポッターシリーズ。映画を見たという人も今年の秋は、1巻ずつじっくりとストーリーを味わいながら読んでみてはいかがですか。

■まだまだある! 長編やシリーズもの

・「時の旅人クレア。長編で、世界観が雄大だから」(29歳/その他/その他)

・「模倣犯。長編なので挑戦しがいがある」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「小野不由美先生の十二国記シリーズ。シリーズものを集中して一気に読んでみたいので」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

シリーズで揃えると膨大な冊数になる長編ファンタジーやミステリなどを制覇するにも秋の夜長はいい感じ。壮大な世界観にどっぷりとハマってしまって寝不足にならないように気をつけてくださいね。

■共感! 女性作家の作品

・「江國香織さんの短編集。いくつかあるのですが、彼女の描く独特の世界観、リアルな描写などが好きです。切ない感じの小説の場合、あまりに長編だと引きずってしまうので、短編でさらっと読みたいです」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「唯川恵、今夜は心だけ抱いて。女性目線の恋愛小説だから」(32歳/情報・IT/技術職)

等身大の自分自身を重ねやすい女性作家の作品を読んでみたいという人もいるようです。短編集ならキリのいいところでひといき入れられるので忙しい女性にも読みやすそうです。

それぞれお気に入りの作家がいるようで、さまざまな本が挙げられましたが、あなたは読んでみたいと思う本が見つかりましたか? 普段はあまり本を読まないという人も、この機会にまずは一冊気になる本から手に取って、秋の夜長を充実させてくださいね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数140件(26歳〜34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]