お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

女性約6割が「昇進経験一度もなし」と回答 男女の意識の違いも明らかに 転職に関する意識調査より

転職の意識調査

オールアバウトが人々の決断を支援するために展開している特設サイト「国民の決断」は、2014年第4弾のレポートとして「転職」に関するアンケート調査を2014年8月27日~8月28日に実施し、首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)在住でフルタイム勤務の男女852名から有効回答を得た。

【30代前半の女子はキャリアアップに積極的! 半数が昇給・昇進にやりがいを感じると回答】

首都圏在住でフルタイムで勤務している20~59歳の男女に対し、転職をしたことがあるかどうかを聞いたところ、男性の半数近く(49.8%)が未経験であると回答した。一方で女性の未経験者は31.9%と、約17ポイントも差があった。

性年代別で見てみると、男女ともに30代から転職経験者が増加傾向にあることがわかった。

40代以上の女性に至っては、3割以上が4回以上転職経験があると回答した。

転職経験について現在所属している企業規模別に見てみると、従業員数300名未満の中小企業に勤めている男性の6割以上が転職未経験であり、従業員数300名以上の大企業に勤めている男性と比べると倍程度多いことが明らかになった。

転職をした、あるいは考えた理由について男女別で聞いたところ、双方ともに4割以上と一番多かったのは「給与への不満」だった。男性で次に多かったのは、「自身のキャリアアップのため」(25.5%)、「職場の人間関係」(22.2%)、「長時間勤務」(17.0%)と続き、女性では「職場の人間関係」(28.0%)、「長時間勤務」(20.5%)、「不本意な評価」(19.1%)と続いた。

昇進経験について転職経験と同じように聞いてみたところ、女性の約6割(59.8%)が「1度も昇進したことがない」と回答しており、男性の36.0%を23ポイント上回る結果となった。

全体に対して昇進したいかどうかという問いに対し、男性の33.6%(「昇進を強く望んでいる」+「できれば昇進としたいと思う」)が昇進を希望しているのに対し、女性は18.3%と差があり、さらに女性の2割近く(19.3%)は「昇進のない仕事である」と回答していることがわかった。しかし、「ライフワークバランスを保てる範囲」という条件付きであれば、女性の約3割が昇進を希望していることが明らかになった。

最後に、今後のキャリアについては、男女ともに今の会社に居続けたい(「定年まで働きたい」+「できるだけ長く働きたい」)と考えている人は半数以下であることがわかった。また、男性(49.3%)のほうが女性(42.6%)よりもできるだけ今の会社に残りたいと考えていることがわかった。

(エボル)

お役立ち情報[PR]