お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボタニカルビューティ

ヤバイ! 私……老けた? 働く女性が「肌の衰えを感じた瞬間」4選

あるとき、ふと「肌の衰え」を感じたことはありませんか? ずっと若いころの肌でいたいという願望とは裏腹に、年齢とともに確実に肌の変化は起こるもの。そこで今回は、肌の衰えを感じた瞬間について、働く女性に聞いてみました。

Q.あなたは、肌の衰えを感じた経験はありますか?
はい……79.6%
いいえ……20.4%

約8割の人が「肌の衰え」を実感しているようです。どんなときに「肌の衰え」を感じたのか、くわしく聞いてみました。

■肌のハリやうるおいがなくなった

・「ハリがない。疲れて見える」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「鏡を見て、たるみが気になった」(29歳/小売店/販売職・サービス系)
・「前まで肌がツルツルだったのに、カサカサになってきた」(25歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「肌のなめらかさが昔とちがう。触り心地がちがうので自分でもがっかりする」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

昔はハリのある肌だったのに、気づいたらたるみや乾燥が気になる……。そんなふうに感じる女性が多数。自分の肌を触ってがっかりした、というショックな経験をした人も。

■シミやシワが気になるように

・「頬にうっすらシミを発見した」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「シミがひどくなった。消えないし、増える一方」(30歳/金融・証券/営業職)
・「あるとき、じっくり顔を鏡で見たら、シワが増えていて驚いた」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「朝、メイクをしていたら、ほうれい線にファンデがたまった……」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

シミやシワは、一度できるとキレイにするのはなかなか難しいもの。毎日のていねいなお手入れで、できるだけ防いでいきたいですね。

■化粧ノリが悪い

・「化粧ノリが悪くなった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「時間が経つとファンデーションが浮くようになった」(26歳/金融・証券/営業職)・「夜更かしをした翌日、ファンデーションのノリが悪い」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

疲れているとき、夜更かししたとき、以前より化粧ノリが悪くなったと実感する女性も多いようです。生活習慣の見直しも必要になってくるかもしれませんね。

■肌トラブルが絶えない

・「ニキビ跡が消えなくなった」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「ちょっと疲れると、すぐ肌荒れをするようになった」(27歳/その他)
・「突然、朝起きたら肌が粉を吹いていた」(26歳/学校・教育関連/専門職)

今までは気にならなかった肌トラブルが気になりだした、という人や、すぐ肌トラブルが発生するようになり、「肌の衰え」を感じる人も。

「肌の衰え」を感じたときは、やっぱりショックですよね。少しでも若々しい肌をキープできるように、毎日のお手入れをしっかりしていきましょう!

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]