お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボタニカルビューティ

さすがにやりすぎ! 男性がNG判定する「オーガニック女子」の境界線

化粧品や食品など、さまざまなものを自然派のオーガニックにこだわる女性もいますよね。こだわりがあるのはいいことだと思いますが、中には、周囲から「やりすぎ」と思われてしまうこともあるようです。そこで、社会人男性に「やりすぎだと思うオーガニック女子の境界線」について聞いてみました。

■人に強要する
・「自分で楽しむ分にはいいが、人に押しつけるのはNG」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「他人に強要するような人はNGだと思います」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「人の使うものにまで口を出してくるのはNG」(30歳/自動車関連/技術職)

オーガニック志向に限らず、自分のこだわりを人に強制するのは、ちょっとやりすぎですよね。自分の考えを相手に押しつけないよう気をつけたいところ。

■オーガニック以外はNGと言う
・「あらゆるものをオーガニックにしないと気が済まない人だと疲れてしまう」(30歳/情報・IT/技術職)
・「オーガニック以外はイヤだと言う人」(32歳/不動産/事務系専門職)

オーガニック以外は受けつけない、という女性はやりすぎだと思う男性が多いようです。生活にうまく取り入れてる程度なら問題なさそうです。

■お金をかけすぎている
・「オーガニックを気にしすぎて、ムダづかいをするのはアウト」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「給料に見合わない製品を買う」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「金銭的な限度をわきまえているか」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

オーガニックだから、とお金をかけすぎている人は要注意。男性から見ると「やりすぎ」だと思われる可能性があります!

■外食ができない
・「ファーストフードは絶対ダメ、という人とは付き合えない」(29歳/農林・水産/技術職)
・「ハマりすぎて、普通の食事に行ったりすることに影響が出るかどうか」(28歳/運輸・倉庫/営業職)
・「レストランに行くにしても『オーガニックじゃないと……』って言われだすと引きます」(35歳/機械・精密機器/営業職)

レストランなどでオーガニック食品を扱っているところは、まだまだ少ないのが現状。食事に行くのにもひと苦労……という感じでは、男性から敬遠されてしまうかも。

全体的な意見を見ると、相手に影響があるようなこだわり方だと、「困る!」と思う男性が多いみたいですね。ほどよくオーガニックを取り入れる分には、問題なさそうです。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]