お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 結婚

感動重視? 笑い重視? 自分の結婚式で司会をしてほしい芸能人ランキング

Update : 2014.08.30

感動の式になるか。それとも楽しく盛り上がる式になるか。結婚式の雰囲気を決める重要な鍵を握っているのが、「司会」の仕事。友達か、それともプロか、誰にお願いをするかで頭を悩ませるカップルも少なくない様子。そこでマイナビウエディング編集部では、「自分の結婚式で司会を芸能人にやってもらえるとしたら、誰にお願いしたいか」について、男女にアンケートを実施しました!

 女性1位は“笑い”のさんまさん! アナウンサー陣も人気!

Q.女性に聞いた! 自分の結婚式で司会を芸能人にやってもらえるとしたら、誰にお願いしたいですか?

1位:明石家さんま
2位:徳光和夫
3位:タモリ
4位:安住紳一郎 アナ(TBS)
5位:上田晋也(くりーむしちゅー) 
6位:中居正広(SMAP)
7位:岡村隆史(ナインティナイン)/嵐
9位:桝太一 アナ(日テレ)
10位:高島彩 アナ

女性人気1位は、明石家さんまさん。「にぎやかな結婚式にしてほしい」「どんなことも面白く盛り上げてくれそう」「皆が楽しんでくれそう」といった意見のほか、「ずっと喋ってくれて、私は黙って過ごせそうだから」なんてシャイな性格と思わしき方からの意見もありました。2位は徳光さん。「感動の式になりそうだから」「号泣してもらいたい」「涙の演出が上手なので」など、感動と涙に期待する声が多数。3位のタモリさんには、「いいともを見て育ったので。ほのぼのとした司会をしてくれそう」「さらっと良いことを言ってくれそうなので」など、肩の力が抜けた司会ぶりに期待が寄せられました。

女性の回答で印象的だったのは、徳光さんを始め、安住アナ(メリハリをつけた司会をしてくれそう)、桝アナ(ある程度、知的さが欲しい)、高島彩アナ(華があってアナウンス力も高いので)など、アナウンサーの方々が多くランクインしていること。友達だけではなく、親戚や上司も来る……と考えると、きちんとした式進行をしてくれる方にお願いしたい、と考える女性が多いのかもしれませんね。

少数票では、ゴールデンボンバー(盛り上がりそうだから)、マツコ・デラックスさん(辛口なコメントがかえって盛り上がりそう)など最近の人気者を挙げる人や、桑田佳祐さん(歌を披露して欲しい!)やコロッケさん(物まねを交えながら司会してもらいたい)など、“芸”の手腕に期待する人も。一部には、「いじられそうなので、芸能人は嫌かも」「芸能人が司会の式に出席したが、鬱陶しいと感じたので自分は望まない」など、控えめな式を希望する声もありました。

 男性1位は“涙”の徳光さん! 芸人さんへの支持も高い

Q.男性に聞いた! 自分の結婚式で司会を芸能人にやってもらえるとしたら、誰にお願いしたいですか?

1位:徳光和夫
2位:タモリ
3位:明石家さんま
4位:上田晋也(くりーむしちゅー) 
5位:中居正広(SMAP)
6位:今田耕司
7位:笑福亭鶴瓶
8位:所ジョージ/岡村隆史(ナインティナイン)/田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、

男性では、徳光さんが1位に。「いいタイミングで泣いてくれそうなので」と涙への期待が多数寄せられましたが、中には「(司会したカップルの7割は離婚するという)ジンクスに挑戦したい」なんて大胆な意見も。2位のタモリさんには、「絶妙なバランス感覚で進めてくれそう」「ウンチクで盛り上げてくれそうだから」、3位のさんまさんには、「絶対に滑らなさそうだから」「式はめちゃくちゃになるかもしれないが、面白く一生思い出に残りそうだから」といった意見が寄せられました。

また、男性の回答では、今田さんや鶴瓶さんを始め、とんねるずの石橋貴明さんやアンタッチャブルの山崎さんまで、芸人さんが多くランクインしているのが特徴的でした。「バラエティ番組での司会ぶりに感心している」という意見が多く、男性の番組視聴者が多いことが伺えます。

また一部には、「カトパン(加藤綾子 アナ)。可愛いから」「仲間由紀恵。憧れだから。結婚式ではまずいかな(笑)」なんて意見も。確かにあまりに美人な司会者さんだと、花嫁さんにやきもちを焼かれてしまいそうです(笑)。女性と同様、「気の合う友達のほうが良い」「自分の結婚式は地味にやりたいから不要」といった意見もありました。

楽しく盛り上がる結婚式も、涙が止まらない感動の式も、どちらもよさがありますよね。自分が結婚式をするとしたら、皆さんはどんな方に司会をしてほしいと思いますか?

※アンケート対象
調査時期:2014年8月6日~2014年8月10日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 20~50代の男女500名
調査方法:インターネットアンケート

(文/外山ゆひら)

お役立ち情報[PR]