お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

とにかく痩せたい! 女子に聞いた「睡眠時間を使ってのダイエット」4選

女性なら誰もが気になるダイエット。睡眠時間も効率的に使って痩せられるといいですよね。今回は、働く女性に「睡眠時間を使ってのダイエット」について、聞いてみました。

■髪しばりダイエット

・「髪しばりダイエットが流行ったときにやってました。効果はあまり感じられなかったです」(28歳/情報・IT/技術職)

頭部のツボを刺激して痩せるという「髪しばりダイエット」は、痩せたい部位によってしばる場所も変えるというもので部分痩せも期待できそうですが、経験者によると効果のほどは……。お手軽なので一度はやってみてもいいかもしれませんね。

■就寝時間を変えて痩せる

・「夜11時までの睡眠」(27歳/電機/技術職)

・「成長ホルモンが活発になる時間帯に寝る。効果はあまりわからない」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「7時間寝たほうが痩せるらしいので、早く寝るようにしている」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

質のよい睡眠はダイエットに効果的なだけでなく肌のためにも◎! ぐっすり眠ってスッキリ目覚める、早寝早起きの習慣をつけたいですね。

■寝ながらトレーニング

・「筋肉運動できる機械をつけたまま寝た。効果はよくわからない」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ベッドの中で胸を鍛えるヨガをしていること」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

ベッドに入ったままでもできるヨガやストレッチは寝る前にリラックスするためにもオススメ。あまり激しく動くと目が冴えてしまうのでゆったり動くことを心がけてくださいね。

■極限状態ダイエット!?

・「真夏に部屋のエアコンを切って、サウナ状態にして寝る。睡眠不足と体調不良により、少し痩せた」(22歳/その他/事務系専門職)

エアコンを効かせすぎても体によくないですが、寝られないほど暑いのも考えもの。睡眠不足だとせっかく痩せてもやつれた感じに見えちゃいますよ。

楽に痩せる方法があると聞けば試してみたくなるのが女心。寝ている間に痩せられるならこんなにいい方法はないとは思いますが、効果のほどは難しいところ。寝るときくらいはダイエットを忘れて、ぐっすり眠たほうが、カラダにはいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数242件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]