お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋人がみるみる「デキる男」に育つ心理テク「期待まじりに褒める」「高すぎる目標はストレスに」

優しくて面倒見のいい今のカレが好き……。だけど正直、友達の「デキるカレ」がうらやましい! こんな矛盾した気持ちを抱えている女性は、意外と多いのかもしれません。全てをクリアする理想のカレを見つけるのが難しいなら、心理テクで、今のカレを「デキるカレ」に育ててしまいましょう!

■カレの能力を伸ばすピグマリオン効果って?

あなたは心理学の言葉で「ピグマリオン効果」というものをご存じですか? アメリカの心理学者、ロバート・ローゼンタール博士によって提唱された説で、「人は誰かから期待されると、その期待に応える努力をし、それを実現する傾向がある」と言われています。ロバート博士は小学生の子供と教師を使った実験を行いました。結果、教師から期待された子供は、その他の子供よりも大きく成長したのです。カレを伸ばしたい女性に、ぴったりのこの法則。ぜひ自分を「教師」に、そしてカレを「伸ばしたい子供」に置き換えて実践してみましょう。

■男性の本能を利用して……

男性はもともと、女性に褒められることが大好きな生き物です。「褒められることをしたい」と思うのは、もはや本能! この本能を十分に活用し、自分好みのデキるカレへと育てるためのステップとして活用しましょう。

方法は簡単です。「あなたって本当に仕事がデキる人よね」という「気持ち」を、素直にカレに伝えてあげれば良いのです。リアリティーを持たせるためには、彼の仕事の話からイメージを膨らませるのがオススメです。「その場面でそんな判断が出来るなんて、すごいよね。もしかして、○○もできるんじゃない?」などと、褒め言葉にあなたの期待をプラスしましょう。褒められた男性は、きっと良い気分でその言葉を受け入れてくれるはず。

■ストレスは禁物です

カレを伸ばしたいときにピグマリオン効果は有効ですが、一つだけ注意点があります。それは「高すぎるハードルは、ストレスにしかならない」という点です。カレを育てたいあまり、むちゃな要求をするのは禁物です。プレッシャーから「どうせ俺なんて……」と裏目に出てしまいます。こんなときに、焦りは禁物! ぜひ階段を上るようにゆっくりと、「適度な期待」を彼にこめてみてください。

カレの能力を一番身近で伸ばしてあげられるのは、彼女であるアナタなのかもしれません。ぜひ「褒め言葉」と「期待」を上手に使って、理想のカレを育て上げましょう!

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]