お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

鑑賞前の閲覧禁止!業界初 映画『複製された男』の“袋とじネタバレレビュー投稿サイト”解禁!

映画『複製された男』

ミステリー映画『複製された男』を配給する株式会社クロックワークスは、同作品の謎を解く鍵と、それぞれの解釈を投稿・閲覧することができる、“袋とじネタバレレビュー投稿サイト”を開設する。

【自宅での映画鑑賞8割以上が“吹替え版”で観ている 映画鑑賞スタイルの調査】

同作品は、大学講師のアダムが、自分と瓜二つの俳優を発見し探し始め、対面すると顔、声、体格、生年月日も同じ、更には後天的に出来た傷までもが同じ位置にあることを知り、なぜ自分と全く同じ人間が存在するのかを探るというミステリーを描いた作品。

その謎解きの難解さから、一度で謎を見抜ける人が少なく、観た人たち同士“答え合わせ”がしたくなる映画になっているため、今回のサイト開設に至ったという。

映画の公式ホームページに設置されたバナーをクリックすると、「ページを見ますか?」という質問が表示され、「はい」とボタンを押すと、“袋とじ”の仕掛けが開かれる仕組みになっている。

ページ内には、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演のジェイク・ギレンホールがネタバレに関係するコメントをしているインタビューや、監督からの答えのヒントが掲載されている。また、同作品を観た人が自分なりの答えやどう読み解いたかを投稿したり、他の人の投稿を閲覧したりすることができるようにもなっているとのこと。

配給元の同社は、「観る人によって、様々な感想や解釈がうまれる映画でもありますので、観た方たちが自分の考えを反映することができ、他の人の答えを参考にして二度目を楽しんでもらえたらと思い開設しました」とコメント。

また、ヴィルヌーヴ監督も「映画にはたくさんの謎が隠されています。その謎解きに悩んでいただくということを、ぜひ楽しんでいただきたいです」と、日本のファンに向けたメッセージを送った。

同作品は7月18日より全国公開される(15歳未満は観覧禁止)。

お役立ち情報[PR]