お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 素敵!フランス

「え? これは何!?」と思った食材や食べ方のわからなかったフランスの食べ物「白ご飯はサラダ」

食べ物白いご飯はサラダです。日本では当たり前と思っていた食事も、海外では予想外の調理法や盛り付けをされることもしばしば。読者のみなさんが「え? これは何!?」と思ったフランスの食べ物とは何だったのか聞きました!

■食べ方がわからなかった料理

・「エスカルゴ。かたつむりの大きいのを食べているみたいで気持ち悪かった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「お肉と玉ねぎとジュレが三段になったもの。切るとつぶれてしまいそうだから、どうすればキレイに食べられるかわからなかった」(25歳/電機/事務系専門職)
・「ミルフィーユのキレイな食べ方」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

食材を幾層にも重ねられた料理を出されると食べ方に困ります。ミルフィーユは倒して食べてもマナー違反ではありませんよ!

■正体のわからなかった料理

・「メニューに英語が載っていないものは、何の料理なのかわからなくて苦戦した。デザートだと、聞きなれたものが多くて予想ができたが、野菜などは何なのか想像できなかった」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「クスクス。ごはん替わりみたいなもの?? もともとはフランス料理ではないらしいけど一般的になってきたらしい。でも、いったい何でできているのかは聞き取れなかった……」(27歳/商社・卸/営業職)
・「パテ。レバーのほかに何が入っているのかわからず食べられませんでした」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

練り物の一種、パテ。うさぎのパテなどもあり、説明を聞くまでは食べるのが不安になるかも?

■日本で味わえるおススメフレンチ

・「三田の『コート・ドール』のホワイトアスパラ。無駄が一切なく、食材の味を最大限引き出していることに感動した」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「俺のフレンチイタリアン。フォアグラとロース肉のステーキ」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「広島 キヨコラージュ お野菜がたっぷり使ってあり、ヘルシーでとてもおいしかった」(27歳/学校・教育関連/専門職)

一緒に日本で味わえるフレンチの名店を調査。「俺のフレンチ」はリーズナブルな価格で本格的なフランス料理を提供しています。

■日本で味わえるおすすめデザート

・「ラデュレのマカロンは日本でもやっぱりおいしい」(24歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「レストランひらまつ。どれもおいしいけど、印象的だったのはバラのギモーブ(マシュマロ)。初めて食べたけどとってもいい香りでおいしかった」(27歳/商社・卸/営業職)
・「マキシム・ド・パリのナポレオンパイ。一条ゆかりさんが有閑倶楽部でべた褒めしていたので行ってみたら、クリームとパイの比率がとてもよく、おいしかった」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

フランス由来のスイーツを扱うお店も増えました。ナポレオンパイはミルフィーユと似た構造のお菓子ですが、中にイチジクがはさんであるのがポイントです。

フランスで驚いた食べ物と、日本で味わえるフレンチについてお伝えしました。現地のレストランではフランス語のみのメニューを渡されることも多く、正体がわからなくなることも。日本のお店で「予習」していくといいかもしれませんね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]