お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

JAFが、正しいチャイルドシート使用を訴えるインフォグラフィックを公開

適正なチャイルドシート使用を訴えるインフォグラフィック

JAFは、子どもの乗車機会が増えて事故に遭遇するリスクも増す夏休みを前に、警察庁と合同で実施した「2014年チャイルドシート使用状況全国調査」の結果をもとに、適正なチャイルドシート使用について改めて考える契機となるインフォグラフィック「そのチャイルドシート、本当に正しく使っていますか?」を公開した。

【片手で開閉が可能!バギータイプのベビーカー『スティック 』登場―アップリカ】

日本では、チャイルドシートの使用が義務付けられている6歳未満の子どもに対して、依然として4割近くがチャイルドシート不使用であるのに加え、使用はしても取付けを誤るケースが6割、正しく着座していない子どもが4割近くと、安全対策が不十分であるとJAFでは分析する。

また、警察庁の公開データ「チャイルドシート使用有無別交通事故関連統計(平成25年中)」によると、6歳未満幼児の自動車同乗中の死亡重傷率は、チャイルドシートを適正に使用していないケースでは適正使用の約5.4倍高いことが示されている。

JAFではこうした調査結果を踏まえて、情報データを視覚的に表現し、直観的に分かりやすく図式化したインフォグラフィックを利用し、ホームページ等で公開することとした。

(エボル)

お役立ち情報[PR]