お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

とてもじゃないけど眠れない! 旅先のホテルでの恐怖体験・5選

楽しい旅行に出かけたはずが、宿泊先のホテルや旅館で、「怖くて眠れなかった……」なんて経験をしたことはありませんか? 想像しただけでもなんだか恐ろしい、旅行先での怖~い出来事。今回は、そんな身の毛もよだつ恐怖体験を、働く女性に語ってもらいました。

■夜中に物音

・「1時か2時ごろにホテルの扉がコンコンってなった……。怖くて出なかった……」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「夜なのに足音が聞こえて眠れませんでした」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

夜遅くなってから、カタカタ物音がしたり、ドアをたたく音がしたり。もちろん怖くて確かめられませんよね。布団にもぐってやり過ごすしかなさそうです。

■金縛り

・「一晩中、断続的な金縛りにあいつづけた。何も見聞きはしなかったけど、とにかく空気がよどんで嫌だった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「沖縄のホテルで金縛りにあった。横で寝ていた彼は見えるけど動けず声も出ず怖かった」(33歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

旅行先での金縛りは、いつもと環境がちがうだけに、より一層恐怖が増しますよね。助けを呼ぶこともできず、ただ解かれるのを待つしかなさそうです。

■誰かの視線が気になる!

・「誰かに見張られている気がして寝られなかった」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

確証はないけれど、なんとなく誰かに見られている気がする……そんなふうに思ったことは、ありませんか? 宿泊先でこんなふうに感じたら、やっぱり落ち着いて寝ることはできないですね。

■幽霊、見ちゃった!

・「小学校の修学旅行のとき、幽霊を見て怖くて寝られなかった」(29歳/金融・証券/専門職)

中には、子どものころ、幽霊を見ちゃった! という人も。今となっては本当かどうかわからないと思っても、小さいころの記憶は、いつまでたっても消えないものです。できるだけ思い出さないように、楽しい気分のまま寝てしまいたいですね。

■部屋に虫が!

・「天井からむかでが落ちてきて、怖くて眠れなかった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「蜘蛛が同じ部屋にいた……大嫌いなのでずっと見張ってた」(28歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

自然の中の宿泊施設や古い旅館では、部屋の中で虫に遭遇することもしばしば。虫嫌いの女性には、恐怖以外の何物でもありません!

いかがでしたか? いつもとはちがう場所で寝ることだけでも、たいていの人には何かしらストレスがかかっているもの。旅先では寝る前に体をほぐしたりして、身体も頭もリラックスした状態で眠りにつくのが、一番いいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にWebアンケート。有効回答数302件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]