お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 快眠カフェ

これだけは譲れない! 女子たちの「枕」へのこだわり5選

質のいい睡眠を取るために欠かせないもののひとつに、枕の存在があります。高さや柔らかさ、大きさなど、人によってこだわる点はさまざまです。そこで今回は、働く女性のみなさんに、どんなこだわりで枕を選んでいるか聞いてみました。

■低反発枕

・「低反発枕であることは最低限必要」(26歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「低反発で首と腰への負担がない」(25歳/電機/事務系専門職)

最近人気の低反発枕。頭の形に添ってゆっくりと沈み込む素材でできているため、寝ているときに首や肩に負担をかけにくいと言われています。実際に使っている人がとても多そうですね。

■高すぎず、低すぎず

・「自分の頭(首)の高さに合ったものを使っている」(29歳/その他/事務系専門職)

・「高さが低くない、ぺったんこに近い高さのもの」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ぺたんこなもの。高いと眠れない」(31歳/その他/事務系専門職)

枕を選ぶときには、その高さも非常に重要です。使う人の好みによってわかれるところですが、本当はあまり高くないもののほうが、首や肩への負担は少ないと言われます。自分に合った高さのものを選ぶようにしたいですね。

■枕にタオルを

・「質感が好きなタオルを敷いている。直接枕に寝るのが嫌」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「必ずタオルを敷いて寝ます」(29歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

枕の上にタオルを敷いて寝る、という人も。好みの質感のものを選べば、気持よく眠れそうですよね。

■オーダー枕

・「自分の頭の形に適したオーダー枕を使っています」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「高さを自分に合わせたいのでオーダーメイドを試したことがある」(30歳/医療・福祉/専門職)

枕専門店で、自分の頭に合った枕を作ってもらうオーダー枕も人気です。お値段は張りますが、いい睡眠を取るためには、このくらいのこだわりがあってもいいのかもしれません。

■使わない

・「枕は使わないで、タオルをたたんで使っている。ストレートネックなのでそのほうがいいらしい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「枕を使わない。いろいろ試したが、使わないのが一番寝心地がいい気がする」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

いろいろ試してみて、枕を使わないほうがよく寝られる、というケースも。頭や首の形によっては、枕がどうしても合わない人がいるんですね。高さを自由に調節できるように、タオルを重ねて枕がわりにしている人もいるようです。

いかがでしたか? いろいろなタイプの枕の中から、自分に合った枕に出会うのは、なかなか難しいもの。でも、いい枕で寝ると、起きたときのスッキリ感がちがってきます。快眠のためにも、まずは、自分だけの枕探しに、力を注いでみるのもいいのでは?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にWebアンケート。有効回答数302件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]