お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 愛されヘア

実際どうなの? 女たちが「同性として尊敬する」キラキラ女子の条件

仕事やプライベートでも忙しいはずなのに、いつだって髪はツヤツヤ、ネイルもバッチリ。そのうえ家事までこなすなんて、一体、いつ寝ているの……! そんなふうに、働く女性たちが「同性として尊敬」してしまう女性の実態に、女性たちの目撃証言からせまりました!

■仕事も家事もバッチリ

・「仕事が終わって、1時間かけて家に帰って、それからグラタン作って、10時に旦那さんが帰ってきたら一緒に食べる、という先輩」(23歳/自動車関連/事務系専門職)

・「毎日彼氏(旦那)のお弁当を欠かさず作る」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「疲れていても忙しくても、家族の為に食事をちゃんと用意してくれていた母に尊敬します」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■人として魅力的!

・「嫌なことがあっても常に笑顔でいる女性がいて、すごいなと思った」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「誰に対しても感謝することを忘れないこと。嫌なことがあっても、ありがとうと念じてから会うなどひたむきな考え方に感動しました」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「ありがとうがきちんと言える人」(24歳/建設・土木/クリエイティブ職)

■キレイでいる努力を惜しまない

・「どんなに疲れて帰宅しても、しっかりクレンジングとケアをしてから寝る。週に一度はパックすると聞いて自分とは大違いだ……とびっくりした」(30歳/金融・証券/専門職)

・「髪のケア、肌のケアをしっかりやっていて、いつ見てもキレイな女性」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「毎日ジムに通ってシェイプアップしている女性。40代とは思えないキレイさ」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「スタイル維持に余念がないとき。エステやネイルなど、いつもキレイにしている」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

毎日サボらずお肌や髪ケアしたり、仕事と家事を両立するのがどんなに大変かは、同性だからこそ分かること。いつもキレイでいようとする心意気を、見習いたい! という声が多数上がりました。思い立ったが吉日というように、今できることから少しずつ、美習慣にトライしてみましょう!

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にWebアンケート。有効回答数246件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]