お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 魅せるカラダ0

僕らが「台所に立つ彼女」に胸キュンした瞬間「フリルのついたエプロン姿」「リズミカルな包丁の音に……」

女子力を量る基準のひとつといえば、やはり「料理スキル」。そして、料理の出来と共に、料理をする姿も印象を左右するポイントのよう! 今回は「いい奥さん」をほうふつとさせる立ち居ぶるまいを探るべく、男性たちに「台所に立つ女子の姿にグッときた!」という体験談を語ってもらいました。

■エプロンにグッ!

・「昔プレゼントしたエプロンを付けて、ポニーテールで料理をしていたときはグッときた」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ひいき目もあるが、フリルの付いたエプロン姿にグッと来た」(34歳/情報・IT/技術職)

・「エプロン姿はエロく見える」(31歳/商社・卸/営業職)

洋服のままでも料理は出来ますが、彼をキュンとさせたいならば、エプロンは必須アイテム。少しの手間で大きなリターンが得られる(?)ポイントのよう。

■手際にグッ!

・「初めて料理してくれたとき。一生懸命料理していて、意外とてきぱきとこなしている姿を見て、しっかりしているなと感じてグッときた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「リズミカルな包丁の音に日常感があってグッときた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「普段は、どんくさくて仕事もできないのに、料理になると手際がむちゃくちゃよくて、次々に料理を仕上げていったとき」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「彼女が家に来たとき、冷蔵庫にある食材だけで手際よく料理をしたときにドキッとした」(27歳/医療・福祉/専門職)

料理の出来は手際次第と言っても、過言ではない!? ギャップを狙いたい女子必見の技ですが、成功のためには地道な練習が必要です……!

■朝の姿にグッ!

・「彼女が泊まりに来て、朝起きたら台所で朝食を作っている姿にグッときた」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「朝起きると、彼女が朝ごはんを作っていました。寝間着姿のまま作っている姿がすごくかわいかったです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

彼の気配を感じたら、振り返って「おはよう」。とっておきの笑顔で、「幸せな家庭への夢」を見せてあげましょう!

■狙い目は……?

・「体調が悪いときに、何も言わずに料理を作ってくれたとき。一緒にいてよかったと思った」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼が体調を崩しているときは、料理を作る場面としても、不自然さはゼロ! メニューも「おかゆ」でOKなので、料理初心者にとってもハードルが低いはず。

台所で料理をする女子に対して「一緒に生活している姿が想像できた」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)という意見もあり、男性の心に訴えかける強いパワーを持っていることが伺えます。男性意見を参考にして、彼を胸キュンさせちゃいましょう!

※マイナビウーマン調べ(2014年6月にWebアンケート。有効回答数 男性159件)

(ファナティック)