お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ほめられ手みやげ

ザ・男飯が人気! 彼氏に作ってもらいたい料理「チャーハン。重いフライパンを扱う姿がカッコいい」

結婚したあとのことまで考えるなら、料理が作れない彼氏よりも、料理が作れる彼氏のほうが絶対に助かるはず。でも正直、自分より料理がうまい彼氏だと、女性としての立場が台なしですよね。彼氏に求める料理の腕って、どのくらい? そして、どんなものを作ってほしい? 働く女性に聞いてみました。

■肉食系の彼氏に、豪快な肉料理を作ってほしい

・「バーベキューか焼き肉。豪快に焼いてほしい」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「男らしく肉料理。彼はから揚げがうまいので、よく作ってもらう」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「豚のしょうが焼きとかがよい。男の料理って感じ」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

男らしい、おいしい肉料理を支持する女子の声が目立ちました。

■鉄板を使うアツアツ「お好み焼き」や「焼きそば」

・「お好み焼き。昔、父が作ってくれていたので、お好み焼きは男の人が作るイメージ」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お好み焼き。自分が作るよりおいしいから」(34歳/ソフトウェア/技術職)

・「焼きそばやお好み焼きなどの一品もの。おいしいし、うますぎてこちらの気が引けることもないので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

鉄板を使って豪快に焼き上げるお好み焼きや焼きそばは、確かに男の料理かも。「彼氏の料理がうますぎても、気おくれしない」という点でも、ポイントが高い手料理です。

■重いフライパンと火力が命のチャーハンも、男っぽい

・「チャーハン。男の料理っぽいから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「チャーハン。男飯って感じがする」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「チャーハン。重いフライパンを片手で持って混ぜるのがカッコいい」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

彼氏が料理する姿を見ていてほれぼれするのが、自分には扱えないような重い調理器具を、軽々と使っているとき。フライパンを振ってチャーハンを炒める姿も、プロっぽくてカッコいいですよね!

■魚を使う料理に、男のワイルドさを感じる

・「魚介系の料理。男の料理っぽく魚をさばいてお刺し身とかでいい」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「魚のアラの煮込みなどワイルドなもの」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「刺し身か焼き魚。彼が濃い味が好きなので、これなら味つけもほとんどないから」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

小さい魚ならまだしも、大きい魚をさばくのは、やはり男の仕事……という感じがしますよね。さすがに家でマグロはさばけませんが、彼氏が家でサバやタイをさばいて、ドンと料理を出してくれたら、彼氏に一生ついていきたくなるかもしれません。

彼氏に作ってほしい料理は、どちらかというと「男ならではの料理」のほうが、彼女のプライドを傷つけず、喜んでもらいやすいようです。あなたなら、どんな料理を彼氏に作ってもらいたいですか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数283件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]