お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 インナービューティ

“コレ”さえなければ! 女子を悩ます「ダイエットの天敵」って?

「今日からダイエットをする!」と心に決めたのに、そんなときに限って色々な誘惑があって、結局「ダイエットは明日から……」となることって少なくありませんよね。そこで今回は、働く女性の決意を揺るがす「ダイエットの天敵」を調査してみました。

■お菓子の甘い誘惑

・「チョコレート。毎日食べてるけど、やめようと思ったらストレスが溜まって眠れなかった」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「オレオが大好物で、平気で一袋あけちゃうから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「甘いものが大好きなので、見ると必ず食べたくなってしまって、食事制限のダイエットができなくなる」(24歳/ソフトウエア/事務系専門職)

疲れたときに食べると幸せな気分にしてくれる甘いお菓子は、ダイエットの天敵! できれば我慢したいところだけど、ストレスになるようなら一度に食べる量を決めたり、食べてもいい日を決めたりすれば無理なくお菓子を減らすことができるかも。

■つい食べ過ぎる外食や飲み会

・「お酒を飲むことで太るとは思っていませんが、お酒を飲むことで食がすすむのでそっちのが心配です。飲み会になるとダイエットとかどうでもよくなってしまうので」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「飲み会が好きで、控えようと思っても一度飲むとセーブがかからない」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「飲み会などで、夜更かしすると、運動などのやる気がなくなってダラダラとしてしまい、1回ダラダラするとなかなか持ち直せない」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

外食や飲み会のときは料理をシェアすることも多いので、自分が食べた量を把握しきれずついつい食べ過ぎてしまいがち。お酒が入ると余計にセーブできなくなるので、ダイエット中にはなるべく飲み会や外食は控えたいですね。

■大好物の炭水化物

・「米やパスタが大好きで、とにかく食べ過ぎてしまうし、炭水化物しか食べないことが多々あるので」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「炭水化物。とにかく好きだから。パスタやカレーなど炭水化物を控えるとストレスでリバウンドした」(30歳/学校・教育関連/専門職)

どんなに痩せたいと思っていてもなかなかやめられないのが炭水化物。「炭水化物抜きダイエット」も流行っているようですが、まったく食べないと逆にストレスがたまってリバウンドしてしまいそうなので、量を減らすなど、工夫が必要かもしれませんね。

■まわりにのせられて

・「実家に帰省すると、親がたくさん食べさせようとするから。1週間の帰省で4kg太ったことがあった」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「友人の誘いで食べ放題へ行ったりするので」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

自分としてはかたい決意のもと、ダイエットを開始しても、まわりの人には関係のないこと。せっかくだからと食べ物をすすめられると、つい我慢できずに食べてしまいますよね。

■やけ食いの原因になるストレス

・「ストレスにより飲酒し、酔っぱらって暴食する」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ストレスは、どか食いで発散するタイプだから」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

仕事やプライベートでのストレスが、ダイエットの敵になっている女子も。イライラするといろんなことがどうでもよくなって、つい暴飲暴食に走ってしまう気持ち、わかります。まずはストレス解消法を見つけてから、ダイエットをはじめたほうがいいかもしれませんね。

いかがでしたか? ダイエット中だからお菓子やお酒は絶対にダメという方法は、なかなか長続きしませんよね。逆にストレスがたまって、暴飲暴食して太ってしまう……なんてことも。夏に向けてダイエットを考えている女子は、自分のライフスタイルや体調に合わせて、無理なく続けられる方法を考えてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数308件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]