お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 人間関係

会話で相手の心を開くための3ステップ「初めは雑談から」

会話は相手とのコミュニケーションをはかるのに欠かせないものですが、あまり得意ではないという人も少なくないはず。でも何とか相手の心を開いて、はやく距離を縮めたいものですよね。そこで今回は会話をつかって相手の心を開く方法を3ステップでご紹介しましょう。

■1.はじめは雑談から

いきなり核心を突いた話題を切り出してしまうと、まだあなたのことが信用できない相手にとっては返答に困ってしまうはず。まずは天気の話、流行の話など誰でも気軽に返答できるような話を振るようにしましょう。雑談のバリエーションを増やすためにも、テレビや新聞、SNSなどで気になるネタを探しておくのもオススメです。

この時点では、相手は聞き役に徹していますので、あなたのほうから積極的に話を振りましょう。

雑談の例……天気、流行、今日あった出来事、おもしろい話、興味深い話

■2.本人に関する話題を

1で相手の気持ちがある程度ほぐれたら、相手に対する話題を振ってみましょう。1で相手のほうから興味を持って話題を膨らませてきたものをつかって、それをさらに深く掘り下げていくのがオススメ。相手が積極的に話してくれるようになってきたら、相手の心が順調に開いてきている証拠。

この時点で相手は、聞き役から話役にだんだんと変わってくるはず。

本人に関する話題の例……1のうち相手が詳しい話題、相手の髪型や服装の話題

■3.相手の話を引き出す質問を

1と2で相手の積極性が見られるようになってきたら、相手の話を引き出す質問をしてみましょう。具体的な質問が1と2から思いつかないときには「最近どうですか?」と聞き、相手の返答次第で仕事や恋愛、趣味などの質問に切りかえていきましょう。

この時点で、相手が完全に話役にかわり、あなたが聞き役に回ることができれば会話も成功です。

相手の話を引き出す質問の例……最近の様子、仕事、恋愛、趣味に関すること

相手の心を開く会話は、人との会話をつみ重ねて少しずつ慣れていくことが早道です。会話が苦手という人も、これらを実践することで自信が持てるようになるはず。あなたも早速毎日の会話で、これら3ステップを取り入れてみましょう。

お役立ち情報[PR]