お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
仕事

金の切れ目が縁の切れ目! 友だちに立て替えてあげたお金が返ってこない場合、どうする?

金の切れ目が縁の切れ目、とはよく聞く言葉ですが、大金にしても少額にしても、縁と金のどちらを取るか、判断がむずかしくなることも正直あるはず。友だちのために立て替えたお金が戻ってこなかったとき、果たしてどうするのが正解なの? 働く女性に聞いてみました。

Q.あなたが立て替えてあげたお金が、友人からなかなか返ってこないとき、あなたならどうしますか?

「はっきりと返してくれるように言う」66.0%
「相手から言ってくれるまで待つ」34.0%

<“お金を返してと言う”派>

■モヤモヤやストレスをためたくない

・「気になる金額の場合は、言わないとストレスになるので。急な冠婚葬祭で、少額を立て替えたが、返す様子がなかったので、言って返してもらった」(22歳/その他専門サービス/事務系専門職)

・「冗談ぽく請求する。こちらが悩む必要もないことなのでできるだけ早く済ませたいから」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「いつまでたっても自分ひとりがモヤモヤしてしまいそうだから」(30歳/不動産/事務系専門職)

お金を返してもらえないと、利用されているような気になったり、軽んじられている気になったりするもの。お金を貸して、さらに悩まされるなんて、やっぱり納得がいかないですよね。はっきり言って返してもらったほうが、気持ちもさっぱりしそうです。

■相手も自分も貸し借りを忘れないよう、早めに催促する

・「単に忘れているだけかもしれないので、もんもんとして関係が悪くなるほうが嫌だから」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「遅くなればなるほど言い出しにくくなるので。友人は忘れていたので、直接話してすぐに返してもらった」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「私自身がお金を立て替えたことを忘れそうだから」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

大金ならまだしも、少額だと借りた側だけでなく、貸した側も忘れてしまうことが。少額と言えども貸し借りをうやむやにしないためには、早めの催促が肝心です。

<“相手が返してくれるまで待つ”派>

■あげてもいいと思える相手にしか貸さないので、催促はしない

・「友人を信じているので、こちらからは催促しません。そもそも貸したお金はあげたも同然と思って貸すので。立て替えて半年くらいたって、もう忘れられていると思いあきらめていましたが、やっと用意できたと、しっかり返してくれたことがありました。返してもらえなかったことがないので、友人のことは信じています」(26歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「返ってもこなくてもいいくらいに思えないときは貸さないから。信用しているし」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「お金を貸すときは、あげたものだと思え」という言葉も、よく聞く言葉ですよね。お金がからむとヒビが入りやすい、人の仲。こんな覚悟を持って、人にお金を貸すのも大切かもしれません。

■お金にだらしない人とは距離を置く

・「お金を貸すときはあげるつもりで貸すので、自分からは言わない。少額でも忘れたりする人は結局だらしない人なんだなと思って距離を置く。ちょうどいい機会になると思う」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「催促するのは苦手だから。取り立てるくらいなら返ってこなくていいと思うけど、忘れちゃうようなだらしのない人とは友だちではいられないと思う」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

催促するのが苦手な人は、とりあえず成り行きに身を任せてみる……という方法も。ただし、この場合でも、お金を返さない人とは、徐々に距離を置く方向で検討することも大事です。

<催促しても返してくれないときは、どうすればいい?>

・「言っても返してくれないのに、ブランドものとかを買っていたから腹が立って、その子の親に言って返済させた」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「『返してほしい』と言ってもごまかして返してくれなかった友人とは、その後関係を切った。やっぱり信用できない」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「なかなか返ってこなかったときに、何かの集金があったので、この前のお金があるから差し引いて払うねと言ったことがある」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

貸した人にお金を払う機会があるなら、その分を差し引くというのもひとつの方法。差し引くだけでいいので、催促しにくい人もお金も返してもらいやすい方法です。また、もし貸したお金が見過ごせない金額なら、共通の友人や、その人の家族に相談するという方法も大事ですね。

<まとめ>

お金を預かるということは、その人からの信用を同時に預かるということ。誰かからお金を借りるときは、そのことを肝に銘じて借りてほしいものです!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]