お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

職場でのお客様へのおもてなし。5割が「温かいお茶は急須で入れる」

カウネットは、3月25日から3月31日にかけて、「来客時の接遇やおもてなし」に関する調査を実施した。調査は、女性向け情報サイト「わたしみがき」およびモニターサイト「カウネットモニカ」の会員の、全国の有職女性を対象に行われ、247名の有効回答が集まった。

【やりがちなNGビジネスマナー「視線を会わせないNG」「腕組みNG」「あごだしNG」】

「職場で来客の際に提供していること」について聞いたところ、「飲み物を出す」が9割以上を占め、基本のおもてなしは「飲み物」という結果になった。その際に使う容器は使い捨ての紙コップではなく、手間はかかるが「ガラスや陶器のもの」が約7割だった。

職場で、来客の際に提供していることは?

次に「提供する飲み物の種類」について聞いたところ、「日本茶」が9割、「コーヒー」が8割弱の回答でほぼこの2種類になるようだ。そして「温かいお茶」は5割強が茶葉を使い、急須で入れており、ここにもひと手間かける「おもてなしの心」がみえる結果となった。

その他にも来客時には、「冷暖房をいれて部屋の室温を準備しておく」、「気温によって飲み物をホットかアイス決める」、「雨の時にタオルをお出しする」などの声もあり、女性ならではの心配りをしているようだ。

温かいお茶のタイプは?

お役立ち情報[PR]