お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

彼との愛が深まる! 女子に聞いた「アウトドアデート」のおすすめポイント

アウトドアに出掛けると、ふだん街や家で会うときとはちょっとちがうから、なんだか彼との間もいつもとちがう感じがしちゃう気がします。そこで今回は、普段より恋が発展しやすくなるアウトドアに出掛けたとき、彼との距離が縮まったのはどんな場面か女性に聞いてみました。

■バーベキューの用意

・「一緒に作業することが多いので、食事づくりなどのときに愛が深まった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「バーベキューなどで、テキパキと動いているところをお互いに見ると、愛が深まります」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「何をしても、二人で乗り越える感じがあるからいいなぁと思う。BBQが一番お手軽であいいかと」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「はしゃぎながら距離が近くなる」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

アウトドアと言えば、やはりバーベキュー。彼との共同作業で距離が縮んでいきますね!

■日ごろとちがう一面

・「普段とはちがうやさしい一面を見て、好感が持てた」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「打ち解けて話せた」(29歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「歩きながらいろいろと話すので、いろいろ彼のことが知ることができていいと思います」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

日ごろは話すこともないようなことを話してしまうのも、アウトドアの醍醐味(だいごみ)。彼のちがう一面を知り、愛が深まるカップルも多いようです。

■困ったとき

・「困ったことがあったときに、助けてくれたときなど」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「河原などで、転ばないように気遣ってくれたとき」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「滑りやすい石の上で手を引いてくれた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

ピンチのときに助けてもらうと、胸キュンしてしまうのは当たり前? やはり女性は頼もしい人に弱いようです。

■釣りも有効

・「彼に釣りを教えてもらったとき、その知識の深さに感動した」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「彼と釣りに行きました。2人で協力し、大物を釣って悪戦苦闘しながらさばいたときは、普段味わう事ができない一体感を感じました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

釣りからは多くを学ぶことができますが、彼の愛情の深さも学ぶことができるかも!?

■山に行くと距離が縮まる

・「山に登ったが、自分が初心者と相手がサークル経験者だったので、いろいろとフォローされる場面が多くて、自然と近くなれた」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「山登りで急な坂のところで手を差し伸べたりしてくれるとドキッとします」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「山登りをしたときに、新鮮でいつもより話が弾んだ」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント)

アウトドアで彼との距離を縮めるには、やっぱり山登りが一番です。

アウトドアに出掛けると、いつもより素に近い自分や相手を知ることができます。日ごろの印象とちがう感じを見せたい場合は、彼を誘ってアウトドアへ出掛けてみるのがいいかも。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数199件(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]