お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

小学1年生の担任の約8割「新学期の欠席でクラスに馴染めなくなることを心配」-調査結果

児童が新学期に休むことで、心配に思うことを教えてください。

薬用せっけん「ミューズ」を販売するレキットベンキーザー・ジャパンは、「ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ(本体)きかんしゃトーマス デコシールつき」を期間・数量限定で発売した。

【水より効果的!? 風邪やインフルエンザに効く「○○うがい」4つ】

■小学1年生の担任の約8割が新学期の欠席でクラスに馴染めなくなることを心配

同社は、2013年に小学1年生を受け持つ全国の小学校教諭47名を対象に実施した「新学期の児童に関する心配事調査」 調査を発表。小学1年生を受け持つ先生の80.9%が、新学期の欠席により生徒がクラスに馴染めなくなることを心配していることがわかった。

■学校や先生自身が取り組んでいることは「手洗いやうがいの指導」

風邪や感染症への対策としては、「手洗いやうがいの指導」が97.9%と最も高く、家庭への要望として高かったのは「規則正しい生活リズムの徹底」93.6%、「手洗いやうがいの指導」85.1%が顕著だった。また、手洗いやうがいの指導で大事だと思うこととして「簡単に励行できるような衛生用品を揃えること」を挙げた先生が最も多かった。

風邪や感染症を予防するために、学校として、先生ご自身として取り組んでいることを教えてください。

お役立ち情報[PR]