お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

髙島屋大阪店に、宇治園プロデュースの抹茶ドリンクBARがオープン

「宇治園」が手がけた本格的な「抹茶ドリンク」を提供(画像はイメージ)

髙島屋は4月18日、明治2年に創業した日本茶の老舗「宇治園」がプロデュースした抹茶ドリンク&ソフトドリンクBAR「BAR DE TE(バル デ テェ)」を、髙島屋大阪店地階にオープンする。

【抗酸化物質は緑茶の137倍!イギリスで流行中の抹茶 評判と意外な使い方「運動前に効果的!」】

同店で提供する「抹茶グリーンティー(ホット・アイス)」(300円)、「抹茶ラテ(ホット・アイス)」(350円)は、京都府産100%の石臼挽き抹茶をベースにしたドリンク。アイスはミキサーを使用したフローズン仕上げ、ホットは茶筅であわ立たせてマイルドなのみ口に仕上げている。

また、宇治園の最高級抹茶「玄又玄(げんのまたげん)」を使用した「お濃い抹茶エスプレッソ(無糖)」(600円)や、「抹茶ソフトクリーム」(350円)や「抹茶パフェ(抹茶ゼリー+白玉+小豆+ソフトクリーム)」(500円)などのスイーツも用意。そのほか、ドリンクにエスプーマで泡立てたミルクなどを加えたメニューもラインアップし、ほうじ茶などを合わせ、約15種類のメニューを提供する。

なお、オープンを記念して、髙島屋のイメージフラワー「バラ」フレーバーのエスプーマも登場するとのこと。

お役立ち情報[PR]