お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

私の知ってる「ズボラ女子」の特徴 1位「部屋が散らかっている」

仕事が忙しくなると、掃除や洗濯など家事をする時間が足りなくなってしまいますよね。だからといって一度手を抜くと、暇なときでもいいかげんになりがちです。今回は読者442名の周りにいる「ズボラ女子」の特徴について聞いてみました。

【ズボラ母さんこそ最強!手抜きでもちゃんと食べさせる時短術4つ】

Q.あなたの知っている「ズボラ女子」の特徴を教えてください(複数回答)
1位 部屋が散らかっている 30.5%
2位 バッグや財布の中がごちゃごちゃしている 21.7%
3位 いつも同じ服 21.5%
4位 会社に着いてからメイクする 19.9%
5位 外食やコンビニ弁当中心の食生活 19.5%

■部屋が散らかっている

・「散らかり系はズボラの象徴」(40歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「ホタルノヒカリから」(34歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「妹が学生時代は女子寮生活で、当時の汚さが半端なかったことを母から聞いて、電話で説教したことあります(笑)」(45歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

■バッグや財布の中がごちゃごちゃしている

・「机の中とか整理ができていなさそうだから」(31歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「バックは性格が出ると思います」(32歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「とても小さい空間なのに整理整頓がなっていないと、ほかの大部分でもそうなのかなと思う」(26歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■いつも同じ服

・「めんどうなのかな、と」(31女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「見た目を気にしないようだとダメだ」(27歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「ズボラというか不潔の域までいっている」(26歳女性/通信/販売職・サービス系)

■会社に着いてからメイクする

・「周囲を意識しないから」(28歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「出勤して早々、デスクでメイクされているとイラッとくる!」(32歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「知り合いの同僚が服を着替えたりメイクをしたりしていて、だらしないイメージになった」(30歳女性/金融・証券/営業職)

■外食やコンビニ弁当中心の食生活

・「お弁当の一つも用意できないのかと思う」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「マンガやドラマでよくある」(35歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「女子だからとは言わないが、コンビニで買ったカップ麺だけでランチをすませている女子をみると、残念だなと思う」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■番外編:細かい行動も見られています

・靴下の穴が開いている「一時期穴が開いているものばかりだったから、靴下くらいきちんとしたもの履きなと言っておいた」(22歳女性/医療・福祉/専門職)
・自分でできそうなことまで甘えて彼氏でもない男性に頼る「単純に駄目人間だから」(22歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・通勤中の自動車の中でメイクする「転勤になって、自動車通勤をするようになって、結構そういう女性を見かける」(41歳男性/自動車関連/技術職)

●総評
1位は「部屋が散らかっている」でした。まさにズボラ女子の象徴ですが、実は人を呼べないほど散らかっているという女性は少なくないのかもしれません。一度に片付けをするのは大変なので、今日から少しずつ取り組んではいかがでしょうか。

2位は「バッグや財布の中がごちゃごちゃしている」。バッグや財布が散らかっている人は、部屋や職場のデスクも片付けられないのかと誤解されてしまいそうです。あわてながらバッグから何かを探す姿は見苦しいもの。週に 1回でもいいので、中身を整理するといいかもしれません。

5位「外食やコンビニ弁当中心の食生活」は、特に男性のチェックが厳しいようです。それだけ女性の料理能力が気になる男性が多いのなら、時々、お弁当を作ってみせるだけでもポイントアップできそう。

仕事だって大変なのに、それ以外のことまでキチッとやるなんてキツイと思う人もいるでしょう。完璧を目指さなくても大丈夫。せめて「ズボラ女子」と思われないレベルまでは改善したいですよね。自分のできることから始めてみましょう。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)

調査時期:2014年3月8日~2014年3月13日
調査対象:読者
調査数:男性167名、女性275名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]