お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 北欧スタイル

フェアプレー、お母さんにやさしい、国民幸福度……ランキング・イン常連国が北欧にあった!?

知っているようで、知らない国。それが「ノルウェー」。北欧のスカンジナビア半島西に位置するノルウェーは、オーロラばかりが取り沙汰されがちですが、実はこんなにすごい国なんです。そんなノルウェーの知られざる底力を紹介します。

■ノルウェーは、サッカーで紳士なプレーを見せる国

サッカーの試合においてルールを順守し、レフェリーや戦う相手にも敬意を払う、とっても紳士なプレーのことを「フェアプレー」と言います。このフェアプレー。一体どこの国が一番なのかを欧州サッカー連盟(UEFA)が調査しているのですが、2013年に世界で2番目に評価すべき国として現在選ばれているのがノルウェーなのです。

2014年1月に発表されたフェアプレーランキングの中間報告では、2013年5月から12月にかけての全試合でノルウェーは現在第2位につけています。試合の勝敗ももちろんですが、「どのくらい紳士か」でサッカーを見ると、もっと楽しくなりそうですね! ノルウェーの紳士プレーに注目です。

■ノルウェーは、お母さんにやさしい国!

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが毎年発表している、「お母さんにやさしい国ランキング」。2013年は3位でしたが、2012年にはノルウェーが見事首位をとっています。

ノルウェーでは有給の育休が47週間与えられており、男性も育児に積極的に参加する人が多い国です。この事実を知って、ノルウェーにすぐさま引っ越したくなる、日本の働くお母さんは多いかもしれません。

■ノルウェーは世界で2番目に幸せな国

2013年に国連が発表した「世界の幸福度ランキング 」では、ノルウェーは世界で2番目に幸せな国として発表されました。幸福度調査の評価基準は、富裕度や健康度や自由度、困った時に頼れる人の有無や汚職のクリーン度、住民の寛大さなどが評価基準となっています。

またノルウェーは社会保障が充実しており、その中でも目立つのが、日本円にしておよそ3万円を超える医療費はすべて無料 、大学を卒業するまでの教育費も無料というシステムです。老後も安心して暮らせる仕組みが整えられており、日本人ならうらやましくなりそう!? その代わり所得税や消費税は高額な税金が課せられていますが、……それでもやっぱりうらやましい。

ノルウェーと聞いて、どんな国かイマイチ思い出せない人も多いかもしれませんが、これらのランキングを見れば、もう少し身近な国に(あるいはうらやましい国として)思い出せるようになるかもしれません。いろんな意味でうらやましい!? ノルウェーに今後も要注目ですね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]