お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【山口限定】しっぽなしと耳なしでは、どっちが怖い!? 「琵琶法師になりきったキティちゃん」

全国のご当地お土産として、人気を集めているのがご当地キティ。コレクター心をくすぐるご当地キティを、47都道府県別にご紹介していきます。今回は「琵琶法師になりきったキティちゃん」のご紹介です。

「琵琶法師」といえば、小泉八雲の怪談で知られる「耳なし芳一」を思い出す人も、きっと多いと思います。

耳なし芳一は山口県を舞台に描かれた怪談で、琵琶と呼ばれる楽器の名手・芳一が、その腕を怨霊に見込まれてしまい、命を狙われてしまうというお話です。

この怪談には、「経文を書きこんだ部分は、怨霊には見えない」という怨霊の習性を利用して、体中にお経を書きこんだ芳一が、なぜか耳だけお経を書くのを忘れてしまい、耳を怨霊にとられてしまうという有名なくだりがあります。

この通り、キティちゃんの顔中にも経文が書かれており、やっぱり耳なし芳一と同じく、耳だけお経を書き忘れています。

でもなんといっても注目ポイントは、キティちゃんのしっぽです。

……経文が書かれている!

これでしっぽは安全ですね。

ってそんなことで安心している場合ではありません!

耳がまったく安全じゃありません。

しかもわざと取ってくださいと言わんばかりに、あじろ傘の上から耳がはみ出しています。

「耳なし芳一」は怖いですが、「耳なしキティちゃん」というお話も怖そうです。

眠れなくなりそうです……。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]