お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

今思い出しても赤面! 新人時代にやらかしちゃった大失態5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

新入社員が入って来る季節がやってきました。初々しい新人さんの姿を見ていると、自分が入社したばかりのことを思い出して懐かしくなりますよね。中には、今じゃ考えられない新人時代の失敗を思い出した人もいるのでは……。働く女子が入社間もないころにやってしまった大失態を聞いてみました。

■電話でバイト先の店名を言ってしまった

「電話を取った際、会社名を言うつもりが学生時代のアルバイト先の店名を言ってしまった。しかも居酒屋だったので思いっきり元気よく……。隣のデスクの先輩にものすごい顔で振り向かれたのを忘れない」(25歳/メーカー)

バイトのクセが体に染みついていたんですね。率先して電話を取るところまではよかったのですが、勢いあまってしまうとは……。

■緊張しすぎて頭が真っ白に

「初めてのプレゼンの日、何週間も前から入念に準備していたはずなのに、いざ本番になると緊張しすぎて頭が真っ白に。手元に資料があるのに何もしゃべることができなくて、結局サポート役の先輩に丸投げしてしまった」(30歳/医療)

経験したことのない緊張って恐ろしいですよね。サポートしてくれた先輩がいてよかったです!

■オフィスグリコを食べまくった結果

「同期たちと毎日オフィスグリコを食べていたら、朝礼で『最近なぜかオフィスグリコの減りが早く、ほかの社員に行き渡らなくなったので、1人月3個まで』と決まりができた」(27歳/広告)

いくら自由に食べていいからと言っても限度がありますよね。新人なのに食べまくるとは、ある意味、度胸があるのかも。

■手が震えすぎてお茶をこぼす

「会社に入るまでお客さんにお茶を出す経験がなかったので、それだけで緊張してしまった。コントみたいに手がガタガタ震えすぎて、資料の上にお茶をドバーッ。あのときの自分を今思い出すだけでも赤面してしまう」(26歳/IT)

今ならそつなくこなせるお茶出しも、初めてのときは大冒険。そこまで手が震えていたなら、いっそ上司も大目に見て許してくれそうですね。

■社内旅行の連絡を社外に送信

「そのころ、まだメールの使い方に慣れておらず、全社員に社内旅行の連絡を一斉送信するつもりが、宛先のグループを間違え、社外の広報に向けて一斉送信してしまった。課長以上による宴会の余興についても触れていたので、散々叱られた」(29歳/メーカー)

まだ宴会だったからよかったものの、もし社外秘の情報だったら……と思うとヒヤッとしますね。

学生から社会人になったばかりのころは、社会はまるで未知の世界。一生懸命やろうとするからこそ、失敗もつきものです。失敗があるからこそ今がある。みなさんも、あのころを思い出して、新入社員の失敗を許してあげてくださいね。

(立原麻里+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]