お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

開業100年目を迎える「東京駅」が短編アニメ作品を制作 – 予告編をYouTubeで公開

時季(とき)は巡る~TOKYO STATION~1

エムオン・エンタテインメントは、A-1 Pictures、東京ステーションシティ運営協議会と共同で、100年の歴史ある東京駅の魅力を伝える短編アニメーションを制作した。

【もし自由に「駅名」を決められるとしたら、あなたは……?「り駅(利益)。その駅へ行くと利益がもらえそう」「ようそよう。ヨウ素溶駅になるから」】

同作品は、東京駅を舞台にした「時間を超えた家族愛」をテーマに制作した。主人公となるのは、結婚を間近に控える25歳の「美咲」。彼女は、東京駅に勤務していた亡き父の遺品を整理した際に、壊れた古い懐中時計を見つけた。

時計を発見したことをきっかけに、彼女は今まで知らなかった父の様々な一面を知る、というストーリーだ。

作品では、全編にわたり、シンガーソングライターさかいゆうhttp://www.office-augusta.com/sakaiyu/氏の楽曲「時季(とき)は巡る」を起用した。さかい氏は「自分の楽曲からこのような作品が生まれたことは非常にうれしい」とコメント。

同氏は高知県土佐清水出身で、初めて東京駅に降り立ったときは、その巨大さと行き交う人の視線に孤独を感じたという。

「時を経て、人の優しさにふれ、東京や東京駅が、大好きな街や駅になりました。今もかつての私のように孤独を感じる人がいると思いますが、その人に歩み寄り『大丈夫だから、じき好きな街になる』って言ってあげたい」と語っている。

アニメーションの制作は、「あの花」や「宇宙兄弟」「うたの☆プリンスさまっ♪」などを手がけたA-1 Picturesが担当した。作品の予告編はYouTube「TOKYO STATION CITY」や、YouTube「AUGUSTA CHANNEL」で公開している。

本編のフルレングスバージョンの映像は5月公開予定。

お役立ち情報[PR]