お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼に誘われたけど正直面倒! 女子が「お泊まりデート」をしたくない本当の理由5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

付き合っていれば、彼とのお泊まりデートは発生するもの。交際当初は準備にも気合が入るものですが、ときが経つとともに「今日は泊るの面倒くさいな……」と感じてしまう瞬間もあるのが女子の本音。お泊まりデートに気が進まなくなってしまうタイミングや理由を、女子のみなさんに聞いてみました。

付き合っていれば、彼とのお泊まりデートは発生するもの。交際当初は準備にも気合が入るものですが、ときが経つとともに「今日は泊るの面倒くさいな……」と感じてしまう瞬間もあるのが女子の本音。お泊まりデートに気が進まなくなってしまうタイミングや理由を、女子のみなさんに聞いてみました。

■ムダ毛処理が面倒くさいから

「ズボラ女子な私は、お泊まりの予定があるとき以外はムダ毛を放置しています。デート前日に体中の毛を処理しなくてはならないのが正直ダルい」(26歳/銀行)

お泊まりデートの事前準備といえば、やはりこのムダ毛処理。日ごろからケアしておけば、慌てることもないのでしょうが、冬場などは特に処理をサボってしまうこともありますよね……。

■手料理を作るのが面倒くさいから

「彼の家に行くといつも夜ご飯を作るのですが、料理があまり得意ではないので毎回レシピをみっちり調べていきます。最初は楽しかったのですが、これがだんだん負担に……。彼の家には調味料があまり揃っていないので、事前に確認して持っていかなくてはならないのも大変」(28歳/アパレル)

彼を喜ばせたいとがんばることは彼女としてやりがいがありますが、それが義務のようになってしまうと気が重くなりますね。

■生理になったから

「彼の家のタオルやシーツを汚してしまわないか気になるし、生理中はお腹もゆるくなることが多いので不安。生理だということも、いつ言い出せばいいのか迷う」(24歳/建築)

お泊まりデートの約束をしていたのに、その直前で生理がはじまってしまったときは気持ちがブルーになるもの。体調面の不安や、ナプキンなどの持ち物も増えるので、お泊まりに気が進まないという人も多いようです。

■荷物が多くなるから

「化粧品、ルームウェア、コテ、翌日の着替えなど、どうしても荷物が多くなってしまいます。週末にその荷物を持って会社に行ったら『すごい荷物だね、泊まりなの?』と上司に聞かれてしまったことも……」(29歳/出版)

お泊まりセットの荷物が大量になってしまうのも、女子の悩みのひとつですよね。それが目立って、周囲に「今日はお泊まり」とバレるのも気恥ずかしいものです。

■彼の家の居心地が悪いから

「ひとり暮らしの彼の家が、日当たりも悪くてすごく寒いんです。バス・トイレもユニットタイプで狭いし、寒さに凍えながらシャワーを浴びていると、苦行のような気持ちになってきます」(26歳/教育関係)

彼の家のスペックが低いために、お泊まりに気が進まないという切ないコメントも。しかし、同様のストレスを感じている女子は意外に多いようで、「枕が合わないので翌朝首が痛くなる」(32歳/建築)、「ベッドのマットレスが薄くて腰痛に……」(28歳/デザイナー)など、お泊まりが原因で体に負担がかかってしまっているという実情もあるようです。

■まとめ

彼と一緒に過ごしたいという気持ちはあるものの、事前の準備が大変だったり、自宅に比べるとくつろげなかったりという理由から「面倒くさい」と感じてしまう人が多いようですね。また、「ムダ毛処理」や「料理が面倒」という意見を見る限り、ズボラ女子ほどお泊まりが面倒と感じる傾向もあるのかも……? あなたは、お泊まりデートに気が進まないときはありますか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]