お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

プロポーズをされたら即答するもの? それとも考えてから返事する?

彼にプロポーズされたら?付き合っている彼からの、プロポーズ! ただうれしいと感じる方もいれば、戸惑いを感じる方もいるのかもしれません。自分の一生を左右する彼の「お願い」に、いつ返事をするのかは微妙な問題! 即答? それとも時間をおいたほうがいいの? 女子読者の意見を伺いました。

Q.付き合っている彼からプロポーズをされたら、即答しますか? それとも時間をおいて返事をしますか?

即答する……63.4%
時間をおいて返事をする……36.6%

現代女子は、即答派の割合が多めのよう。みんなの意見からそれぞれのメリットを探りましょう。

■<即答派>待っていました!

・「今すぐでも結婚したい」(23歳/不動産/事務系専門職)
・「大好きなので、即答です!」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「相手の気が変わらないうちに」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

非常に多くあったのが、「待ち望んだプロポーズを逃さない!」という意見です。返事を保留にしているうちに、取り下げられたら大変! 「結婚はタイミングが命」とも言いますしね。

■<即答派>心の準備ができていたので……

・「特に時間を置く理由もないから。私の場合、プロポーズしてくれるように仕向けたというか、そんな話を少し前からしていて知っていたので……」(31歳/電機/技術職)

即答派の中には「うすうす感じていた」という意見も目立ちました。いざプロポーズ!となったときには、心の準備も万端! ドキドキは少なくても、安定感は抜群です。

■<即答派>一緒に楽しもう!

・「一緒にその場を楽しみたい」(29歳/不動産/秘書・アシスタント職)

一生に一度のプロポーズを、一緒に楽しむなら即答がベスト! 喜びも2人で実感することができるでしょう。とっておきの思い出になるのかもしれません。

■<時間をおく派>冷静になりたい!

・「考える時間がほしいです。鼻くそほじくる癖が気に食わないので」(25歳/運輸・倉庫/技術職)
・「一生のことだから怖いし、慎重になるべきだと思う」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

変わって時間をおく派の中で目立ったのが、「一生のことだから」という意見です。恋愛と結婚は別! 本当にこの人と「生活」できるのか、冷静に考える女子が多いよう。どこで見極めるのかがポイントとなりそうですね。

■<時間をおく派>イメージ重視です

・「すぐだとがっついてそうだから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「焦らす作戦」(33歳/通信/事務系専門職)

イメージの問題で、少し時間をおくという女子も。彼の心を揺さぶることができるでしょう。結婚前に、どうしても直してほしいところがあるなら、ここで伝えるのがベスト!?

■<時間をおく派>こんな意見も……

・「即答できるほどいい男ならいいけど、最終的にはOKしました」(27歳/商社・卸/営業職)

こんな意見もありました。即答できるのは、現在の彼に満足している証拠!? できれば、彼に対して何の不満もない即答派女子でいたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

即答派のメリットは、チャンスを逃さないことやプロポーズを彼と一緒に楽しむことができる点だと言えそうです。逆に時間をおく派のメリットは、今後の生活を具体的に想像できる点でしょう。2人の関係とタイミングから、あなたにとってのベストチョイスをしてみてください!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数287件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]