お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女の裏の顔が見えた瞬間はコレ! 男性が、SNSでドン引きした女子の投稿5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

フェイスブックやツイッターなど、近況報告が気軽にできて便利なSNS。ただし、SNS上で「こういう人だと思われたい」という気持ちが先走っていて、見ていてイラッとする投稿があるのも否めません。そこで、男性のみなさんに聞いた「女子のSNSでドン引きした投稿」をご紹介します。

■キメ顔の自撮り

「自撮り写真を連日アップしてる子ってなんなの? しかも、上目遣いで自信満々のキメ顔なのに『安定のブサイクです☆』みたいな自虐コメントを添えている投稿には、思わず『本当にブサイクだね☆』と言ってやりたくなる」(27歳/医療)

自撮り写真って意外とうまく撮れずに、角度や表情を変えて何度も撮り直しているものなんですよね。苦労してアップしても、男性にはイラッとされているだけだなんて……。

■リアルとSNSで別人格

「飲み会では終始つまらなそうに携帯をいじっていたのに、その日の夜にはフェイスブックに『今日は○○メンバーで飲みでした☆ステキなお店でみんなとお話できて本当に楽しかった(*^-^*)』みたいなキラキラした感じの投稿をしている女子。リアルとSNSで表裏がありすぎてドン引き」(26歳/商社)

SNSに一生懸命になりすぎて、飲み会の現場をおろそかにしていたら本末転倒。SNS以外の友だちが減ってしまいそうです。

■人脈自慢

「『今夜は○○会社の営業部長さんと会食』とか、『NY帰りで今は独立して会社社長をしている友人とランチ』などと、やたら人脈自慢している子。自分まで偉くなったような言い方がイラッとする」(29歳/出版)

人の名前ばかり借りていると、ただの人脈自慢に見えてしまいます。自分では努力していないように見えてしまうのかもしれません。

■毎朝のお弁当写真

「毎朝自作のお弁当を撮影してアップしてる子。家庭的アピールかもしれないけど、正直そんなに上手でもない他人の弁当なんてまったく興味ないので、タイムラインを占領しないでほしい」(28歳/教師)

お店の知識を得られる外食写真とはちがって、手料理は情報価値は下がるかもしれません。まして、手の込んだキャラ弁などならともかく……。

■失恋報告

「涙で化粧がボロボロになった自撮り写真をアップして『たくさん泣いた。いっぱい傷ついた。でも、ボロボロになって改めて女友だちの大切さに気づかされた。しばらく男はいいや……』みたいな、失恋報告をしてる子。失恋するのは勝手だけど、唐突に泣き顔見せられる側の気持ちにもなって」(26歳/不動産)

ツライ、悲しいといったネガティブ投稿やポエム的な投稿は、見た人を複雑な気持ちにさせてしまうだけでなく、あとあと自分で見返してもとっても恥ずかしいことになります。

本来であればリアルでの関係を補うはずのものなのに、SNSでの投稿が原因でリアルの関係まで崩れてしまうなんてもったいないこと。顔が見えないからこそ誤解も招きやすいので、あまりに自分本位な投稿には気をつけたいところですね。あなたは、女子のSNSの投稿でドン引きしたことはありますか?

(鈴木夏希+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]