お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ほめられ手みやげ

女子に人気のお菓子はアレ! もらってうれしかった国内旅行のお土産って?

旅行先でのお土産選びは、なかなか難しいものです。ささやかだけど、喜んでもらえるものを選びたいところ。そこで働く女性に、今までもらってうれしかった国内旅行のお土産をピックアップしてもらいました。

■やっぱり人気なのは、ご当地定番の有名お菓子

・「紅いもタルト。沖縄でしか販売されていないので、すごくうれしかったです」(30歳/その他/その他)

・「赤福です。賞味期限が短いので、その土地に行かないとなかなか購入できないので」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「もみじまんじゅう。好きだから」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエーティブ職)

・「博多通りもん。父がいつも九州で買ってきてくれる。美味です」(30歳/金融・証券/営業職)

このほかにも、「東京ばな奈」や「白い恋人」、「生八ッ橋」など、定番の有名お菓子の名前がずらり。この土地と言えば、コレ! というお土産がやっぱり人気のようです。

■話題店のあのお菓子も、やっぱりうれしい!

・「堂島ロール。なかなか食べられないし、おいしかったから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「花畑牧場の生キャラメル。一度は食べてみたかったからラッキーだった」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「東京スカイツリークリスピーショコラ。ご当地物でおいしいから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

話題のお店のスイーツも、女性としてはやっぱりうれしいものです。なかなか食べられないご当地もの、とくれば、喜ばれるのは間違いないようです。

■お菓子以外の食べ物にも喜びの声! やっぱりご当地ものは人気

・「日本酒です。自分はけっこう飲むのでうれしい」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

・「辛子明太子。大好物でおいしかった」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「神戸の牛肉」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「米子名物のするめの糀漬け。日本酒との相性が抜群なので」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

お菓子以外でも、ご当地の名物や特産品のお土産には、テンションも上がります。おいしいものには目がない女性が、やっぱり多いんですね。

■食べ物以外も、地域限定品はうれしいお土産

・「出雲大社のお守り。行ったことないのでうれしかった」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「地域限定キティちゃんのストラップ。集めているから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「限定のキューピーちゃんのキーホルダー」(25歳/医療・福祉/営業職)

・「京都のあぶらとり紙。品質がいいので」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

地域限定で販売されているグッズを挙げる人も。そのほかにも、そこでしか買えない品物は、うれしいお土産のひとつと言えそうです。

もらってうれしかった国内旅行のお土産、みなさんよく覚えているものですね。喜んでもらうには、相手の好きなものを選ぶのがベストでしょうが、好みがわからないときには、ご当地定番のお菓子を選ぶのが無難と言えそうです。みなさんは、国内旅行のお土産でうれしかったものは何ですか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数235件。(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]