お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

試す価値あり! 働く女性が実践する、飲みの席で意外とウケた一発芸5つ「開脚」「モノマネ」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

3月~4月は、出会いと別れの季節。送別会があったり、異動があったり、もうすぐ新卒の社員が入社してきたりと、社内の体制が大きく変わる時期です。そのため、新たな門出を祝ったり、親睦を深めるため、飲み会が催される機会も増えるもの。そんなとき、もし“一発芸”を見せるとしたら、あなたはどうしますか? 男性社員に比べて、女性社員に振られることはそう多くないかもしれませんが、なかには思い切って披露している女性もいる様子。働く女子たちに「やってみたら意外とウケた、あなたの持ちネタは?」と聞いてみました。

■モノマネ

「昔から学校の先生や友だちのモノマネをすることが多く、まわりにも好評だったんです。なので、今勤めている会社でも自然と披露するようになってました。私が所属する部署の新入社員歓迎会では、“朝礼のときの社長”をよくやりますね。社長なら入社したての子たちも知ってるので、ネタとしてはちょうどいいんです」(28歳/製造)

回答者曰く、「芸能人のマネもできるんですけど、内輪の会なら身近な人が最適」とのこと。子どものころから披露していることもあって、場慣れもしているようです。

■歌マネ

「芸と言えるモノでもないのかもしれませんが……。もともと昭和の女性アイドルの歌マネが得意で、披露したらすごく盛り上がりました。年配の社員が多いから、余計にウケたのかもしれないですね。それからというもの、飲み会となると『○○さん(私の名前)に歌ってもらいたいから』と、カラオケのある飲み屋を頻繁に利用するようになりました」(30歳/メーカー)

歌い方のクセを「やりすぎかも?」くらいオーバーに表現するのがコツだそう。二次会がカラオケということも多いので、歌に自信のある人は試してみる価値があるのでは?

■手品

「ウチは小さい会社だからか、全社員が何かしらの芸を披露しなくちゃいけません。そこで簡単な手品を習得しました。お札を増やすとか、硬貨を瞬間移動させるといったものなんですが、割とウケますね。ただ、毎回同じネタばかりなのはさすがにしらけてしまいそうなので、新ネタを練習しなきゃいけないのが地味につらい……」(26歳/サービス)

大きな飲み会があるときは、1カ月ほど前から練習するとか。「飽きるくらい練習しておけば、当日スマートに披露できるし、アドリブもきかせられる」そうですよ。

■開脚

「もともと身体が柔らかいので、脚を広げて上半身を床につけたり、足首を頭の上で交差させたりといったポーズが難なくできるんですが、披露したら思いのほか驚かれました。女性社員ばかりの職場なので、『羨ましい!』と言われることも多いですね。披露したあと、同僚からもらった誕生日プレゼントは、『柔らかい体を維持するため』とフルーツ酢でした(笑)」(28歳/販売)

柔軟なら、日ごろストレッチを念入りにしていれば、ある程度のレベルにまではいけるかも!? 健康にもよさそうですし、一石二鳥ですね。

■エアギター

「それまで一度もやったことがなかったんですが、年末の飲み会で苦し紛れに披露したら大盛り上がり! 髪を振り乱してがむしゃらにやったのがよかったみたいです。部署内での飲み会だったにも関わらず、翌週には他部署にも知れ渡っていて、4月の新入社員歓迎会でも披露することになりました」(30歳/サービス)

苦し紛れに思いついたのがエアギターとは! 酔っていて大胆になれたのが功を奏した様子。

ちなみに、どの回答者にも共通していたのが、少しでも恥ずかしがってしまうと場の空気が冷めるということ。披露するときは、堂々と自信満々にやるのが鉄則みたいです。また、思い切って芸を披露したことで、「社内で声をかけられることが増えた」(30歳/メーカー)、「ほかの社員とのやりとりも今まで以上に円滑になった」(30歳/サービス)との声も続出しました。これを機に身につけてみるのもありなのでは? みなさんは、何か芸を持っていますか?

(佐藤真由+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]