お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

こんなはずじゃなかった! 趣味・おけいこにトライしたけど、あっけなく挫折した理由は?

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

語学や料理など、自分のスキルを上げるために習い事をする人が増えています。でも、仕事をしながらレッスンを続けていくのは案外難しいもの。アラサー独女に、トライしたけど挫折してしまった自分磨きの経験について聞いてみました!

■時間がとれず挫折

・「料理教室。スケジュールが合わなかった」(26歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「ジム。超激務の部署に異動になってしまい、通えなくなってしまった」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

働いていると拘束される時間が長いため、習い事に通う時間を確保するのもひと苦労。残念ですが、続けたくても無理なこともありますよね。

■体がついていかない

・「ジムです。がんばりすぎて、膝を負傷しました」(30歳/ソフトウエア/事務系専門職)

・「バイオリン。指が痛い」(30歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

せっかくの運動も、身体を壊してしまっては元も子もありません。楽器も慣れるまでは大変。ひとつのことを極めるまでにはいばらの道が待ち受けているものです。

■先生や教室の雰囲気に合わない

・「着物。反物を売りつけてくるので、うっとうしい」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「バスケットボール。会社のサークル活動に行ってみたが、本格的すぎてついていけず一度でやめた」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

高価なものを売りつけられると思うと、怖くて行けなくなってしまいますよね。また、サークルの雰囲気になじめるかどうかも、続くか続かないかの分かれ道に。

■お金がかかりすぎる

・「ヨガ。近くになく遠方なので交通費が高くなる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

何かとお金のかかる習い事。通うたびに高額の交通費を払うのは正直キツイ! のが本音のようです……。

■内容に魅力を感じなかった

・「料理。つまらなかったし、教えてもらうほどでもなかった」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「社会保険労務士の講座。とってみて、興味がそんなにないことがわかったのと、毎日の仕事と勉強の両立が苦しく、ギブアップ」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「お茶。決まりがありすぎて疲れた」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「中国語。難しかったし使わない」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

はじめてはみたものの、いまいち魅力を感じない……ということもありますよね。そんなときは方向転換して、自分に合うおけいこを見つけたいもの。

仕事が忙しい、お金がかかる、あまり楽しくなかったなど、アラサー独女たちが習い事に挫折した理由はさまざま。でも、そこで経験したことは決して無駄にはならないはず。興味を持てそうなものにどんどんチャレンジしていきましょう! あなたは、挫折してしまった趣味やおけいこはありますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数209件(26歳~34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]